ちっちゃい庭とおっきい空と。

植物と空と手抜き園芸の四方山(よもやな)話と、あともう少しいろいろと…。

草花たち

八月終わりの小さい秋と

八月のおしまいの日に、と或る駐車場の横で小さい秋に出会いました。 ちょっと蔓(つる)にピントがあってしまいましたが、さて、この実は何の実でしょうか。 においを嗅げばすぐにわかります。 おっ、見たようなお花です。 そう、名前がちょっと可哀そうな…

夏の野の草花たち

この間から、ほんとうに何気ないところに小さい花が咲いているのがとても気にかかっています。 溝の向こうで近づけませんが、黄色の花、ノアズキ(野小豆)かヤブツルアズキ(藪蔓小豆)のどちらかだと思いますが、調べてみると、葉っぱの形からノアズキでは…

西志和あたりの道端で

このところはいろいろと人前でお話させていただくお仕事がいくつか続いて、その準備に追われて日々が過ぎていきました。明後日、もうひとつ残っているのですが、さっき現場の事前準備に行ってきたので、やっと少し落ち着いたかなというところです。 いくつに…

ノアザミの考察

道沿いにノアザミ(野薊)が咲いていました。 アザミは日本で100種以上あるアザミ属の総称なのだそうで、「アザミ」という名前の和名はないそうです。でも、アザミって言ってしまいますよね。 こちらはきっとノアザミに違いありません。 アザミの花 よく見る…

雨上がりの野いばら

この間のニワゼキショウの群生地の横を通った時に、ちょうど雨があがったので、少しだけのぞいてみました。 草むらも雨粒がいっぱい残っています。 雨あがりました 草むらは前よりもっとぬかるんで、あまり近くまで行くことは出来せんでしたが、道端近くのニ…

ニワゼキショウの花たち

この間、オオキンケイギクの話をしましたね。 あれから、いいのか悪いのかわかりませんが、オオキンケイギクがお庭に咲いているのを見る度にこれまでと違った意味でとても気になります。この時期は思った以上にたくさんの場所でみかけますね。 ところで、オ…

カタバミの考察

知らなかったのですが、オキザリスはカタバミの仲間なのだそうです。 カタバミ科カタバミ属の中の園芸品種がオキザリス !?のようですね。ネット上ではオキザリス属との記載のあるものもありました。 アカカタバミはびこる いずれにしても、うちのオキザリス…

クローバーの花たち

シロツメクサ(白詰草)はクローバー、今の時季はほんとうに道端でも川土手沿いでもちょっとした公園でも、無限の花が咲いています。 野のシロツメクサ そうそう、少し前ですが、この間の見渡す限りの蓮華と金鳳花畑にもいっぱい咲いてましたね。 シロツメク…

ちっちゃい庭の雑草たち~晩春の頃

えっと、一応お休みですが、急なお仕事の締め切りに追われ、更新には辿り着かない日々でした。時代は変わっても相変わらずの日々に反省ですね。 なので!?、思いっきり足元のちっちゃなちっちゃな世界に目線を向けてみました。 このごろ、勢いづいているのは…

てんとう虫あらわる

すぐ近くにある木はもっと緑が濃くなりました。 緑さらに濃く 10日前は薄黄緑色 ここ数日は最高気温が25℃前後で暑いくらいの日が続いていましたが、今日は最高気温17℃、久し振りに空気がひんやりしています。 ちっちゃい庭で、今年初のてんとう虫をみつけま…

紫の花たちと、はじめて見たちっちゃい花

先日の雨の日の続きです。 バスで移動中、高速を降りると、山々の緑はずいぶんと濃くなってきていました。バスの窓越しにうっすらと靄もかかって、少し見づらいですが、山里の風景は気持ちが落ち着きますね。 山だいぶ緑濃く 山の木々に白い花がさいているの…

雨のバス停で待つと

雨の日の移動に、新幹線ではなく、高速バスを選びました。 東区の不動院から乗ります。 新しい葉になった楠の上のところ アストラムラインではなく、、、 土手沿いにヘラオオバコ バスが来るまでの間、時間がちょっとあったので、雨は降り続いていましたが、ま…

蓮華と金鳳花いっぱい

先日はバスの中からのれんげ畑でしたので、何とか蓮華に出会えないものかと思っていたら…、、、出会えるものなのですね。 れんげ畑ひろがる 小さいハチ、見えますか? 周りでは早くも田植えがはじまっているところも れんげ畑ずっとつづく 近くには金鳳花(キン…

薄紫の松葉海蘭

なんでもない荒地を地面すれすれに真横から撮ると、マツバウンラン(松葉海蘭)の淡い薄紫がふわっと風に揺れていました。 マツバウンラン(松葉海蘭)いっぱい 地面すれすれに 大きさはまったく違いますが、ルピナスとちょっと似ていると思うのは私だけでし…

黄色の菜の花はずっと続く

カワセミのことを早くお伝えしたくて、反対側が後になってしまいました。 こちら側はずっとずっと菜の花が続いています。 ずっとつづく菜の花 ぼかすと黄色い夢色 黄色い花は水鏡にもくっきりと写っていました。 遠くは水鏡に菜の花 ほんとうにいっぱいの花…

カワセミは青い鳥

出先でのおつかいに歩いて出かけました。 両側岸が菜の花でびっしり、黄色く染まっていました。 川岸は黄色に 野の菜の花はかなり長い期間咲いています。 どんどん伸びて、どんどん新しい花を咲かせていますね。 咲き進む菜の花 紋白蝶でしょうか、白い蝶が…

ムスカリ畑となずな畑と。

ものすごいたくさんの花々との出会いがありました。 ほんとうにものすごいお花の数なのです。 風にゆらぐハナニラとゆらがないムスカリ その横にはハナニラがいっぱい と、思って振り返ると…。 反対側にはずっとムスカリ ムスカリいっぱい すぐ近くの草むら…

彩雲、菜の花、野の花

毎週通りかかる度に、停まろうかと思いながら、通り過ぎていた菜の花がいっぱい咲く場所があります。 菜の花や 春といえば、やはり菜の花ははずせないですね。 今日は風が強く、澄んだ青空に白い雲がぐんぐん流れていきます。水を含んだ白い淡い雲は太陽のそ…

道端の小さな花壇

あまり手を加えられていない道端沿いの小さい場所、たくさんの葉が茂る中にノゲシが咲いていました。 ハルノノゲシ咲く ここは人も車も行きかう場所のすぐそばの小さな花壇です。 オランダミミナグサもいます 野の草花は元気な黄色 一見、雑草地のように見え…

今日の日はすっかり春🌼

昨日は結構な寒さに、つい「冬」と記していまいましたが、弥生、三月、しかも今日は17℃まで気温も上がり、打って変わってのぽかぽか陽気、すっかり春となりました。 今朝ほど、“先週、畦道に咲く野の花たちを撮った場所”を通ると、すっかり全てきれいに耕さ…

春の野の花たちいっぱい。~後編

帰り道、オオイヌフグリの青い花はいっぱい咲いていました。 オオイヌノフグリの花ひらく 名前に抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、別名もいろいろあって、調べると「瑠璃唐草」や「星の瞳」、素敵な名前ですね。 こちらは、タネツケバナと寄り添…

ハコベ、ナズナ、ミミナグサ、ホトケノザと空と。

遠めですが、川べりの日当たりの良い場所では、オランダミミナグサやホトケノザがもういっぱい咲いていました。 ミミナグサとホトケノザがぎっしり 光るハコベの花 白いハコベの花、後ろの白い花はタネツケバナです。 寒いので、背丈は低めですが、シロツメ…

さくらのつぼみ、膨らむ

急ですが、また福山に来ました。 福山城、南側の石垣 下から見上げると、意外とおもしろいです。三角に撮りました。 もう一つ石垣と木 正面の坂を平行に撮ってみました。 すぐそばの塀の影に、早くもなずなやノゲシが満開となっていました。 なずな満開 冷た…

間違えました…紫蘭の新芽です。

みなさまに、お詫びと訂正です。 昨日、「苔の再生」の喜びの声をお伝えした際に、“ギボウシの芽”とお伝えしましたが、まったくのまちがいでした。 ギボウシではなく、きっと紫蘭の新芽 きっと“紫蘭”(シラン)の新芽にちがいありません。 なぜなら、 ギボウ…

小さな小さな春がいっぱい ~自然増殖の植物たち

うちの裏庭はほぼ無法地帯(?)です。 久し振りにのぞいてみると、ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)がたくさん咲いていました。 よく見るととてもかわいらしい薄桃色の花 そして、枯れていた杉苔がかなり復活していました。 復活!!、苔のふわふわカーペット そして、…