ちっちゃい庭とおっきい空と。

植物と手抜き園芸の四方山(よもやな)話と、あともう少しいろいろと…。

夏の野の草花たち

この間から、ほんとうに何気ないところに小さい花が咲いているのがとても気にかかっています。 溝の向こうで近づけませんが、黄色の花、ノアズキ(野小豆)かヤブツルアズキ(藪蔓小豆)のどちらかだと思いますが、調べてみると、葉っぱの形からノアズキでは…

芝刈りがんばりました。

お盆も終わり、真夏もそろそろピークを過ぎた頃、いろんなところがたいへんなことになってきたちっちゃい庭です。 夏の芝生って、放っておくと特に端っこ側がこんなことになってしまいます。放っておくのが悪いんですけどね、もうジャングル状態です。 ちっ…

残暑の頃の街中の公園で

昨日はひさしぶりに「純けい」が食べたいというので、秋吉の広島店に行きました。 知らなかったのですが、全国に展開しているチェーン店なのですね。 美味しくいただいて大満足のあと、通りすがりの公園の風景をすこし…。 残念ながら、花はありませんでした…

夏の夜に咲く白い花と

日が暮れてからの暑さがずいぶんとやわらいできたような気がします。 またも夜の散歩にきました。 暗がりに白い大きな花がたくさん咲いていて、やわらかな甘い香りをはなっています。 シロバナヨルガオ(白花夜顔)でしょうか。いえいえ違いました。 調べて…

野に咲くハナトラノオ

それはこの間の暑い日のこと、通りすがりに淡い薄桃色のものがいくつか見えて、こんなところにお花が咲いているのかと、ちょっと戻ってみました。 咲いていましたよ。 ハナトラノオ(花虎の尾)ではないでしょうか。 この間、夜のおさんぽの時にみかけた花で…

台風の右側と左側

台風は広島直撃でしたが、大雨や大風は台風のルートよりすこし離れた右側の四国や近畿方面などでさまざまなところに影響が大きく出ており、今後もまだまだ予断を許さない状況です。今回は特に、右側と左側で勢力にかなりの差が出たようです。 おかげさまでこ…

台風の前の日に

台風10号が近づいています。 雲は昨日よりさらに速く流れています。 でも、朝方はこんなに青空でした。 ですので!?、今日もポーチュラカが咲きました。一日花なので毎日新しい花との出会いです。 お盆ですが、資料を提出しに行った先で、うさぎ雲がいると思…

線香花火

今朝はポーチュラカ、二輪咲いていました。 昨日は黄色の花が咲いたのですが、まだ咲いていない芽もあるので、すこしずつ咲くのも楽しみが増えていいものかもしれないですね。 本日もお墓参りに行きました。 台風の影響でしょうか、雲の流れが速いです。安芸…

月と土星と白い百日紅と。

夕方、月齢10の月が昇ってきました。 今日も暑かったですね。お墓参りに行きましたが、熱風で菊の供花もすぐに枯れてしまいそうです。 そうそう、この間、すっかり枯れたかと思っていたエゴノキ、なんと復活してきました。とてもうれしいです!! まだ場所を移…

赤い芙蓉とオレンジのノウゼンカズラ

芙蓉の花というと、こちらのピンクの花を一番に思い浮かべます。 花はそっくりですが、こちらは木槿の木、細く小さめの葉と大きめの木ですぐにわかります。 でも、こんなに大きな芙蓉の木もあるのですね。 この間、まるでハイビスカスのような真っ赤な芙蓉、…

環水平アークは妖精の羽

このところ美しい空つづきで、昨日も移動途中にいっぱい撮れたので、記事にしようと思っていましたが、残念ながら力尽きて更新できませんでした。 今朝もこぼれ種のポーチュラカがまたひとつ開花していました。今朝はこの色の花です。 そして、今朝はまるで…

紫のランタナと白いサルスベリと

昨日の雨のせいでしょうか。 今日は、見あげる度に、空がなんと美しいことでしょう。 空の青さが沁みるほどです。今日も暑くなりそうです。 枯れかかっていたセイロンランティアとニューギニアインパチェンスもさらに復活していました。 酷暑つづきであまり…

ツバメの子たち

今朝の5時くらいだったでしょうか、空は朝焼けで真っ赤だった…ように思います。 その時は起き上がれなかったのですが、もう少しして外を見ると、朝焼けの名残りがあって、さっきのは夢ではなかったと思いました。 なかなか朝焼けを見ることがないので、起き…

生き返る強い花たち

毎日、暑いですねと言い訳しながら、枯らしてしまった報告ばかりでしたが、今朝は以前スベリヒユと間違えて、抜こうとしていたポーチュラカ、一輪だけ咲いていました。 こぼれ種ポーチュラカ なんせ、ちゃんと植え替えていません。周りはこの暑さで、急激に…

あちらこちらの空の下で

この間から入道雲の空、いくつも出会っています。 雲の峰の高さは日によって違いますが、あの雲の下では、結構な雨が降っているのかと思って、雨雲レーダーを見ると、まったく出ていない時もあれば、くっきりとわかって、あの空はどのあたりかわかったりして…

真夏に元気な花々たち

連日の猛暑、暑中お見舞い申し上げます。 今回はこの暑さの中で、見かけた元気いっぱいの植物たちをお届けします。 たいへん申し訳ありませんが、車窓の助手席からの写真は、ちょっとボケてます…が、真夏の暑さに負けていない花々や草花をどうぞご覧ください…

猛暑の日々に

えっと、この暑さの中、エゴノキさん、カリカリになりました。 どのエゴノキ??、このエゴノキですね。 www.shiz1.work かなりのショックです。 でも、現実から目をそらしては!?いけません。 それは7月の最後の日のこと、夕立もあったし、二日ほど水遣りでき…

いきもののような雲たちと、夏の空と

昨日の夜、お世話になっている方からラインをいただいて、シェラトン広島からの夕空に感動しましたと写真を送っていただきました。 ほんとうに素晴らしく、なんだか広島の風景が絵画のようなので、送って頂いた方の許可をもらって載せさせていただきます。 …

蝶々のようなガウラと

ガウラは白蝶草、これまで何度となく撮ってご紹介してきました。 こちらは一昨日の土曜日に撮った写真です。 ちょうちょのような花 白い蝶 風に舞う でもね、やはり、ワイルドフラワーはちっちゃい庭には手に負えません。 それでも、今年は三回くらい切り戻…

トケイソウと、遠くの花火

今日もよく晴れて暑い日なりましたが、台風の影響なのか朝から風が少し強いです。 今日は土用の丑の日、予約していたうなぎ弁当を取りに街の中心部に来ました。 あちらこちらの花壇は夏の花が満開でしたが、こちらの交差点は4箇所ともポーチュラカが満開でし…

てかてかの夏の花、マツバギクと夕陽と。

昨日も今日も暑すぎて、遠くにモクモクの入道雲、朝から湧いています。 広島駅近くの東の空 戻ってきて、いろいろと用事等々に行きました。 通り過ぎようとした小さな植え込みに明るい斑入りの葉、これは何だろうとのぞき込みました。 植え込みに斑入りの明…

青空に下弦の月

ほんの数日振りだけなのに、久々の青空は嬉しいものですね。ついつい空を見上げてしまいます。 月齢22.3の下弦の月 そして、降り続いた雨の力でしょうか、ユーカリの新芽がたくさん伸びています。 ユーカリの新芽 いっぱい 今日の行先に、このところ収穫がま…

西志和あたりの道端で

このところはいろいろと人前でお話させていただくお仕事がいくつか続いて、その準備に追われて日々が過ぎていきました。明後日、もうひとつ残っているのですが、さっき現場の事前準備に行ってきたので、やっと少し落ち着いたかなというところです。 いくつに…

雨の日の花たちと。

昨日は大雨で大渋滞、早めに出かけましたが新幹線、間に合うかというくらい車がまったく動きませんでした。なんとか駅まで移動して、乗り換えて、乗り換えて、あとはゆっくり歩いて無事間に合いました。 そんな大雨の中、駅の薔薇が美しかったので、ちょっと…

ねこバスみっけ

この間、「ブログ見てるよ」って言われて、ありがたいのとちょっと気恥ずかしいのもありましたが、山陽自動車の高坂PAのトイレ記事がとてもほっこりすると言っていただきました。 これこそ全面的に人の力をお借りして…、しかも許可はとらずの状況ではあり…

駅までの道すがらと、夕暮れと

先週、備後方面に行ったときの夕暮れ時のお話をお伝えしました。 その次の日は駅まで歩かないといけなかったので、荷物はいっぱいでしたが、道すがらの夏の植物たちをすこし撮りました。思い出しながら!?お届けしてみます。 春に、こんなところに蓮根畑があ…

夏の日の紫の花をすこし

今日もよく晴れて暑い一日となりましたが、移動途中の遠くの空にはものすごく大きな積乱雲がいくつも見えました。あとで山沿いの一部の地域には大雨警報が出ていたことを知りました。 積乱雲モクモク 移動途中に、ノアザミがいっぱい咲いているところがあっ…

梅雨の晴れ間に

昨日の深夜くらいから、空が晴れてきました。 夜遅くには、西の空に月が傾き、その下に木星、月の斜め上にさそり座のアンタレス、その横に土星が輝いていました。 雲は出ていましたが、薄い雲は月の光をあびて淡く虹色に輝いていたので、もう丑三つ時ではあ…

紅色のミディ胡蝶蘭ひらく

先日お伝えしたミディ胡蝶蘭が早くも咲きはじめました。 それは4日ほど前のことでした。 蘭ひらく ひらいたばかりの花はなんだかとても初々しくて、美しいです。 ひらいたばかりの花 そうして、その日はもう一つのミディ胡蝶蘭もひらきかけていました。 ひら…

夕方の空とヒメジョオンたちと。

昨日の晩に、眠い目と頭でなんとか更新したブログに大きなまちがいがありました。 今朝、昨日のキバナコスモスのところを通ったら、ものすごく勝手にマリーゴールドと主張していたものはすべてキバナコスモスだったのです。 たいへん申し訳ありませんでした…