ちっちゃい庭とおっきい空と。

植物と空と手抜き園芸の四方山(よもやな)話と、あともう少しいろいろと…。

ちっちゃい庭の植物たち

ちいさいカエルの大冒険

ちいさいカエルは空を見上げて思いました。 あんまりたくさんの大水が落ちてきたので、そろそろ空っぽになりはしないのだろうかと。どっちにしても、明日くらいから、晴れるかもなとも。 なので、この夜はいつもよりもう少し遠くに行ってみようと決めていま…

雨の日の花たちを

今日も真夏を思わせる暑い日となりました。 雨が降らない日が続くので、先週以前の雨の日のしずくいっぱいの写真をお届けいたします。 レモンの葉っぱもずいぶんと大きくなってきましたよ。 仲良く並ぶ雫たちです。 ジューンベリーはもっときらきらしていま…

梅雨間に空燃ゆる

ミニトマトはまだ色づきませんね。 でも、だんだん重くなりはじめて、しなってきています。 下の葉が黄色くなりはじめたので、少しだけ追肥して、早々に取ってしまいました。 いよいよ枝豆の鞘も膨らんできました。 オレガノの花も咲きました。 いろいろとお…

不如帰と、芽吹いた檸檬の木と

先週末に、今年お初のホトトギスの声を聞きました。その日から時々ですが、夜中にも遠くで啼いています。 もうすっかり初夏ですね。 トマトの一番花が黄緑の小さな実になりはじめていたことをお伝えしようとしていたのですけれど、またも、いろいろと立て込…

難を転じる!?南天の寄せ植えも

昨日から上がってきた梅雨前線の影響で、まとまった雨が降りました。 夕方、戻ってくると、エスコルチアのところに、クリーム色が見えたので、暗くなる前に急いでのぞいてみました。 おおーっ、なんだか明日には一番花が咲きそうではありませんか。 い・いつ…

初夏の園芸作業をすこしだけ

たまには庭仕事の、いえ、園芸活動のお話をいたしましょう。実は、ヨーカンエリアはちっとは整ってきているんですよ。 何回か、植物たちの場所をシャッフルもしましたし、少しですが、新入りもお迎えしたのです。 それは四月半ばのお話です。 ちょっと重めの…

日暈と、環水平アークと

キュウリ草やタチイヌノフグリやタチカタバミなどの勢いが増し増し過ぎて、たまの草取りでは全く追いつきません。 でも、ついついニワゼキショウは残してしまいます。 ふと空を見上げると、お日様にものすごいくっきりとした日暈がかかっていました。 5月4日…

初夏の愉しみ、ちっちゃい実を

今週は移動が多いし、次から次へと力量超えのお仕事続きでバテてしまいました。 もう肩も首も限界を超えたので、ひさーしぶりにりらくるさんの90分コースを受けて、担当の方に「うっ、これは…」と言われながらも、ちょっとふっかーつ!!、ありがたいことです…

ちっちゃい葉っぱたち

一月の何度かの寒波の到来で、挿し芽にたくさんの蕾がついていたキララは、そのほとんど枯れてしまいました。 でもわずかに残ったものがやっとやっと復活して、咲いていました。 すごい復活力です。 ここはほんとうに放置鉢なので、何度か抜いたスカシタゴボ…

土佐水木のお引越し

おかげさまで、昨年、土佐水木だと判明した数年前に種から育った木、今年も芽吹きました。そうして、ふと気がつくと、私の背丈をとうに越してもう2メートル近くになっていました。 このまま狭い壁際のこの場所で、いつも水撒きのホースが絡まって下枝が折れ…

クリスマスローズに想うこと

少し前の雨の朝にひらいた水仙です。 同じ日の白いイベリスの花は、 二日後はこれくらいひらきました。 その三日後にはこれくらいに、 その二日後の夕暮れには、やっとイベリスの花らしくなってきました。ほんとうにちょっとずつですね。 野ばらの下のオキザ…

花海棠の開花宣言 2021

広島の染井吉野の開花宣言から、もう一週間となりました。 でも、通りがかりにあちこちのソメイヨシノの木をみつめるのですが、どこも固いつぼみです。標準木はいたずら小人が温めたのではと、密かに疑い始めた日のことです。 近くの古木もまもなく咲くかな…

二月はおしまい、芽吹きはいっぱい

二月最後の夜は満月で朧月、うっすらですが暈もかぶっていました。 夜中の風はまだまだちょっと冷たかったのですけれど、なんだかもう春のような夜でした。 今週はじめに、これくらいだったクリスマスローズの芽は、 昨日には花芽を確認することが出来ました…

ハナニラ咲いた、黄水仙も咲いた

咲きそうで咲かなかったハナニラの花ですが、 一昨日の朝、やっとひらいていました。 でも、なんだかもうおつかれのようです。たぶん咲きたかった時期に雪の日が続いて、なかなか咲けなかったのではないでしょうか。 もう一つの蕾はまだひらいていません。 …

やっと咲いた水仙と。

昨晩から雨模様、今朝は晴れ間も見えましたが、午後あたりからまた降ったり止んだりしています。こんな日は見晴らしの良い場所に行けば、きっと虹にお目にかかるはず…ですが、いろいろと締め切りに追われているので、片付けんと。 と、言いながら、今朝は、…

スノードロップ、すのーどろっぷ、オキザリス

野ばらを植えたプランターの足元に、桃色のオキザリスが咲いていました。 たくさんの種類があるオキザリスですが、この八重咲は何という名前だったのか、すっかり忘れてしまったので、ちょっと調べてみました。 画像で似ていたのは、八重咲のオキザリス・オ…

立春の日のカノープスと、ちっちゃい月下美人

立春の日のカノープスを見ようと思っていたのですが、21時を過ぎた頃、南の地平線近くを見ても靄がかかっているのか、もう沈んでしまったのか、見つけることはできませんでした。 でもね、立春点を通過するのは、2月3日の23時59分って、ほぼほぼ2月4日じゃな…

空が澄んだ日に

この間の夕暮れは、冬空が澄み渡っているのがしみじみわかりました。 何か、あつまってきて、 ゆっくりと、 光のすじをあびて泳ぐ。 光のすじは、朝もよく見えますね。 そして、また何かが、 あら、ひさびさに!?登場されました。 霜が降りた日も、 いえ、何…

氷点下の夜がつづくと。

年末から何度も寒波が到来しましたね。 みなさまも植物たちもみんなみんな元気でいらっしゃいますか。 何回も雪が舞う日が続き、晴れた日も夜は凍てつき、ほんとうに寒かったですね。 それでも、なんとかかんとか大丈夫かなと思っていた植物たちですが、 流…

冬至の日に、木星と土星を

真冬の寒波が来る直前の日の朝に、明けの明星のすぐ横に月齢28の細い月がかなり近づくということで、ちょっと楽しみにしていました。 当日は、雲に覆われていて、ほとんど諦めかけたその時、雲が流れてほんの一時ですが、昇ってくる金の星と細い月を見ること…

やっとやっと檸檬の木を

もう3・4年も前くらいから、地植えした檸檬の木を鉢植えに戻そうと、画策中でしたが、こんなに余裕がない時期だからこそ、気分転換に取りかかってみましたよ。 だって、昨年も花は咲けども、一つも実はならずだったのです。 www.shiz1.work そしてついに、…

落ち葉の向こうに咲く花を

昨日の朝、北西の空に白い飛行機をみつけました。 この写真でみつけられたらすごいです。 これならみつけられますかね。 この日の夜は久し振りの雨予報、南東の空はどうでしょう。 またもブログ更新をしないまま、いろいろと追われ気味となっております。 で…

11月のカノープスと、新入りの花たち

11月に入ってから、夜中の二時・三時に眠りにつくことが多かったのですが、ちょうど、オリオンは真南から西へ傾きはじめ、シリウスも南中近くの頃なので、真南の地平線近くにカノープスを見ることが出来ました。 さて、眠いのもあってかどうか、あまり上手に…

深まる秋に咲いたオキザリス

朝晩冷え込む日も続いて、街路樹もずいぶんと色づきはじめています。 怒涛の日々で、すっかりこちらに戻って来れなくなっており、みなさまのブログを拝見することさえもままならぬ日々を過ごしておりました。 でもね、やっぱり、心のゆとりは出来る限り望ん…

移りゆく秋の空と

前回は急に眠気が増してきて、志半ばで終了させてしまいました。 もっと丁寧な暮らしがしたいのは山々なのですが、なんでしょう。次から次へと、新しいお仕事や雑用に追われる日々、ほんとうになんとかせねばなりません…と思いつつ、秋も深まっていくのでし…

金木犀の香り、銀木犀の香り

三日ほど前だったか、夜中に北側の窓を開けると、冷えた風とともにとても良い香りがさぁーっと入ってきました。 今年は遅いなぁと思っていた金木犀、見えないけれど、お隣の大きな木の花が咲きはじめたようです。 この頃は空が澄んでいて、火星を追うように…

このあいだのそらを

今秋、キララの一番花の蕾がのびてきた日、空は一日中とてもきれいでした。 (*キララはキク科オステオスペルマム属のお花で、サントリーさんの商品名です。お花屋さんでどうぞ!!) 朝方はこんな秋の空でした。 真上あたりは紺碧に近い空です。 北西の空に…

あちこちに彼岸花咲いて

9月ももうおしまいの頃、日暮れ時に、毎年咲く彼岸花の横を通ったら、もうずいぶんと咲きはじめていましたよ。 シロバナヒガンバナ、まだまだ蕾がいっぱいです。 真っ赤な花も、夕陽に照らされていました。 今日も夕焼けが美しいですね。 この日は、月齢10.…

咲き進む秋の花々と。

この頃は秋の空、とてもきれいですね。 雲間の中を飛んでいく筋斗雲。 こちらは他の方にも差し上げた大きな窓から見た空なのですが、どうしても愛嬌のある龍が笑っているように見えてしまいます。 最初はどうかなと思ったのですが、今年も、先週くらいから次…

今年も咲いた玉簾

書きかけの記事もそのままに、すこしご無沙汰してしまいました。 めまぐるしく過ぎていく日々…というのは言い訳ですね。 そんな中で、昨日の朝、ふと見るとちっちゃい庭のすみっこあたりに、白いものを見つけました。 今年は、葉っぱがほとんど枯れてしまっ…