ちっちゃい庭とおっきい空と。

植物と空と手抜き園芸の四方山(よもやな)話と、あともう少しいろいろと…。

空の写真

月とひこうき雲と金星と。

今日のひこうき雲はずっと残って、翅のようにひろがっていました。 東から西へずっとのびています。 ひろがったひこうき雲に、また新しいひこうき雲がのびて行きます。月齢11.7の月が昇ってきています。 今日はヤグルマソウが咲きはじめているのを見ました。…

ひなたと日陰のハクモクレン

先週のはじめには雪がちらつき、広島市内からも山の方に雪がうっすらと積もっていのを見ることができました。 辿り着いた少し遠い訪問先の近くの山々もうっすらですが白くなっていました。 * * * 9日後にまた訪れると、世界は一変して春真っ盛りとなって…

咲いた咲いた

昨年仕込んだ「植えっぱなしチューリップ」原種系だと思うのですが、今年も花が咲きました。 ミズキは山田ガーデンさんにトサミズキ(土佐水木)に間違いないと早速、教えていただきました。流石、ブログの威力!!、たいへんありがとうございました。 この間…

早春の青い花、黄色い花

お雛祭りの日に、皆様の前でお話させていただく機会があって、もしかして中止になるかもと心配していましたが、無事、なんとか終了しました。(…マスクをつけて話すのはなかなか難しいものですね。) 終わって、緊張感から解き放たれました。空には波がつづ…

三日月と金星と。

今日も夜になるとまた冷たい雨が降りはじめました。 昨日の夕方前は晴れていましたね。 このところは、晴れから曇り、そして雨と移り変わる日が続いています。 日暮れには、反薄明光線(はんはくめいこうせん)わずかですが見ることが出来ました。 忘れてい…

ヒメリュウキンカ(姫立金花)咲く

先週、近くを通り過ぎた時に、ちらっと黄色が見えた気がしたので、今朝はわずかの時間でしたが、見に行ってみました。 立ち上がる金の花、姫立金花(ヒメリュウキンカ)が早くも咲いていました。 こちらはまだひらいていない蕾です。 昨年の春にはじめてみつ…

薄桃色の梅畑

道を曲がる時、ずうっと向こうの角が薄桃色になっているのに気づきました。 それからすこしして、もっと空が青い日、またその角を逆方向から曲がった時にふと思い出して、ちょっとだけ見に行ってみました。 まだ桃の花にはずいぶんと早いけれど、もしかした…

うっすらと雪

桜島や四国でも雪が降り積もりましたね。 こちらでも、道路にこそ積もりませんでしたが、昨晩あたりから屋根や植物の上にうっすらと積もり、急に真冬の景色となりました。 昼間、広島市内では青空の合間から、とても寒そうな雪雲がどんどん近づいていました…

碧く沈む空

宵の明星は夕暮れ時にはずいぶんと高い位置で、ひと月前よりもかなり西に移動しました。 暗くなる少し前にみつけた道路脇の原種系の白水仙、わずかの土でもたくさん咲いていました。 小さめの花ですが、とても良い香りがしています。 田圃の近くを通っている…

ひこうき雲と、ハクモクレンの蕾

寒い日が続いていますね。体調を崩されてなどおられませんでしょうか。 それは数日前の朝のことです。 空を見あげると、ひこうき雲、白い刷毛でたくさんの線が描かれていました。 西の空につづくひこうき雲は五本くらいでしょうか。 寒くても、冬の陽射しは…

真冬なのに夏の花

違う鉢にもオキザリスがいくつも咲き始めた日、 澄んだ冬の空はとても美しかったですね。 東側にもずっと淡い雲が続き、 お日様は今日も虹色を帯びていました。 昨年からなんだかいろいろと追われていることが多いのですが、ちょっとだけ先が見えてきたよう…

クリスマスローズの蕾に冬の光を

このあいだ、月に光の輪っか月暈(つきがさ、げつうん)がかかった次の日の朝、空を見あげると、まるで水刷毛で白絵具をのばしていったような空になっていました。 日本水仙の花がひらきました。 伸びてきたハツユキカズラに押されています。 下の方の蕾も膨…

冬の真綿雲と

夏のもこもこ雲も素敵ですが、澄んだ冬の空に浮かぶ真っ白の雲を見あげると、すうっと気持ちが晴れて行くような心持ちがします。 真綿のような真っ白な雲、今日はひさびさにゆっくりと見上げることができました。 北の空には、もうすこし真綿をちぎったよう…

羽ばたきの新しい年へ

今季は暖冬というのに、昨年のお正月には咲いていた日本水仙がまだつぼみです。 でも、ここ数日の穏やかな晴れの日続きのおかげでしょうか、急激に膨らんできています。 三が日の最後の日に、広島の護国神社にお参りしました。 ひこうき雲がふくらんだのでし…

令和二年、庚子の年のはじまり

新しい年がはじまりました。 元旦から晴れ渡り、三が日とも穏やかな晴れの日となりました。 山の木々は眠りについていますが、 晴れの日のオキザリスはたくさん花ひらいてくれています。 2020年、令和二年は庚子(かのえね)の年ですね。正確にいうと、立春…

晴れた日に咲く

このところは雨や曇り続きで、残念ながら26日の部分日食も見えないままでしたが、今日は貴重な晴れの日となりました。 気忙しい日々が続き、いくつもの山があると時間だけでなく気持ちにもゆとりがなくなりますね。やはり、記事には気持ちにゆとりがないとな…

稲の蘖は藁色に

すこし暖かい冬の朝、途中の高速では濃い霧に包まれた場所がありました。 霧の道を抜けて進むと、今日の空も乳白色にひこうき雲が滲んでいきます。 ひこうき雲のその先の、西の空はもうすこし晴れていました。 先週のはじめは青々としていた稲の蘖(ひこばえ…

三日月と宵の明星と。

11月のおしまいの日にも、高い空にすじ雲でしょうか、まるでオーガンジーかシフォンのごく薄い透けた布のような雲を見ました。 空の高いところでは、ほんとうに風の流れが違うせいか、高い空の雲と低い雲とはまったく違う動きをしていて、見上げると、天が動…

寒気と暖気のせめぎ合い

ここのところ数日間は怒涛の日々が続き、更新どころか皆様のブログを拝見するのもままならずでした。そういう時もありますよね。 さて、その間、ものすごい冷え込む日があれば、ぽかぽか陽気の暖かい日もありましたね。いつだったか、天気予報で、「日本列島…

11月の薔薇たち

このところ何度か福山に行っているのですが、「ばらのまち福山」の薔薇たち、11月もまだまだいっぱい咲いています。 ここ1・2週間で撮った11月の薔薇たちをお届けします。 福山駅南口を出たところ、前にも何回か撮っています。 五月の華やかな薔薇たち…

一番星は宵の明星へ

二週間くらい前から、夕方の空に金星を見ることが出来はじめました。 久し振りに見る宵の明星は嬉しくて、なかなか夕方の空を、しかも西の空がひらけているところで見ることが出来ないので、見つける度にひとり、にやけてしまっています。 一昨日の夕暮れ時…

黄金に色づく銀杏たちと。

久し振りに車ではなく、公共交通機関で広島市中心部へ移動しました。 広島駅南口の駅前に「えきまちループ 左回り」のバスが停まっていました。たしか昨年の五月くらいからスタートした広島市都市循環バスで、赤バスと青バス(黄緑ラインなのにそう呼びます…

11月はじめ、静岡から望む富士山を

前日は美しい秋の空でしたが、残念ながら富士山は見えませんでした。 自衛隊の練習機でしょうか、とても小さな飛行機が二機、秋の空をしゅわーっと飛んで行きます。 バスの中から西の空に彩雲が見えました。よいことがある兆しでしょうか。 夕暮れ時、いくつ…

怖いほどに燃える空

今日の夕暮れ時、みなさまのブログを読ませていただいていて、ほんとうに関東直撃で、台風心配と思いながら、ふと空を見ると、空が見たこともないような不思議な様相になっていました。 リアルタイムひまわりで確認するとやはり、大型台風の端っこあたりでし…

朝露降りて

この頃、朝方は冷え込んで、露がいっぱい降りています。 雲一つない青空が広がった日のことです。 白いサフィニアの上にも雫がのっていましたよ。 朝陽に光る産毛でしょうか、こんなにいっぱいだったのですね。 芝生にガウラ(白蝶草)が飛んで行っています…

空を見あげて、思うこと

秋になると、花の色が濃くなるような気がします。 秋薔薇は色も香りも濃くなりますが、ペチュニアも濃くなったと思うのは、空が青いせいなのでしょうか。 このところ、空はますます高くなりました。 ここ数日の空の写真をいくつかお届けします。 植物の写真…

スカイブルーセージは空の色

サルビア・アズレアは別名をスカイブルーセージとも言いますね。 昨日の朝、ちっちゃい庭にも咲き始めていたことに気づきました。 azureaは空色の意味とのことでしたが、調べてみると、英語で紺や紺碧、でも花を見るとほんとうに爽やかなスカイブルーの空を…

とっておきの秋の空と夕焼けを、また。

昨日、記事を更新したあとに、思った以上に空が美しかったので、ご紹介しようと、また書きかけていました。 このタマスダレの写真を撮ったすこしあとの空です。 金の空というよりは、銀の空でしょうか。 飛行機、わかりますか。 * * * * * そうして、そ…

台風の過ぎた日に

台風が去った次の日の空は碧かったですね。 反対色のキバナコスモスが青に映えます。 歩いていくと、ピンクや紅色や白の秋桜も咲いていました。 ここはまだ咲き始めですね。 ほんとうになんという碧さでしょう。 このあと、また雲が広がりましたが、帰り際に…

とびきりの秋の空を

これも先日のことです。 夕方近くに、空を見あげると、太めの大きな刷毛で、一気に空を塗りたくっていったような空になっていました。 な・なんだこの空は!?…と思ったら、山の端にかかる雲は虹色になっているではありませんか。 そうして、それにつづく真上…