ちっちゃい庭とおっきい空と。

植物と手抜き園芸の四方山(よもやな)話と、あともう少しいろいろと…。

種実る頃

 ヤマアジサイのつぼみが成長中している頃に、クリスマスローズの花をそろそろ剪定しないとと思ってのぞいてみました。

f:id:shiz1:20190523223903j:plain

ヤマアジサイの蕾

 種ができたのははじめてのこと、ほんとうにいっぱいできていました。残っていたものを株元から少し離してこぼれ種にしてみました。

f:id:shiz1:20190523224227j:plain

種がいっぱい

 今年は一株で77個の花が咲いたので、うつむいている花のいくつかをみると、まだまだたくさん種ができています。

f:id:shiz1:20190523224634j:plain

ここも

f:id:shiz1:20190523224704j:plain

こちらも

 これはこれは大収穫祭です。こぼれさせずに、採取してみました。さて、どこに植えましょうか?、ちっちゃい庭なので困りましたね。

f:id:shiz1:20190523224806j:plain

クリスマスローズの種を収穫

 まだまだ出来ているようなのですが、こちらはチューリップもこんな種が出来ているのをみつけました。こちらも発芽するものなのでしょうか。

f:id:shiz1:20190523225033j:plain

原種系チューリップの種

 そして、シルバーリーフのコンボルブルス クネオルムにも種ができていました。

f:id:shiz1:20190523225655j:plain

ほわほわしてる

 数年前に寄せ植えをつくって差し上げたのが、季節が終わって連れて帰り、生き残ったものたちを地植えしました。いつ見ても綺麗なシルバーリーフですね。

f:id:shiz1:20190523225802j:plain

シルバーリーフきれい

 五月初めの白い花をご紹介していなかったのですが、撮っていましたよ。アサガオに似ています。

f:id:shiz1:20190523225942j:plain

コンボルブルス クネオルムの白い花

 またも、ハチがぶんぶん飛んでいると思ったら、オリーブの花が満開でした。小さすぎて気がついていませんでした。

f:id:shiz1:20190523230318j:plain

オリーブの花も咲く!!

 今年のはじめに全ての葉っぱが落ちて行き、枯れたのかと心配していた木も虫に食べられた葉が多いものの復活しました。

f:id:shiz1:20190523231650j:plain

すべて葉っぱがなくなっていた木もふっかーつ!!

 まだまだ収穫祭つづきの予感がしています。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

衝撃のオオキンケイギク

 今日はうれしかったのに、そのあと大ショックだったお話です。

 

 五月も半ばになり、高速道路沿いのレンギョウ、コデマリ、ヤマツツジも一通り終ったころ、ひと際目立つ美しい花があります。

 その花の名前を知らなくて、一時期はオオハンゴウソウかな!?と思ったけれど、どうやら違うらしいということだけ認識していました。

 

  ブログをはじめて、この時季は是非写真に収めたいなと思っていましたが、通りすがりに見かけるけれど、高速道路沿いくらいで、最近はあまり見なくなったかなと思ってあきらめていました。すると、運転中にわぁーっと咲いているところをみつけました。

 ああ、でもそこも大きな道路沿いだし、先を急いでいたので、撮ることはかないません。と、思ったら帰り道のその反対側の側道の脇にみつけました。

f:id:shiz1:20190522162557j:plain

オオキンケイギクです

f:id:shiz1:20190522162720j:plain

八重咲きの目の覚めるような黄色

f:id:shiz1:20190522162941j:plain

国道横の側道沿いに

 そうして、この道を進んで行くとだんだんに花は増えて行き、さらにもう少し先に行くと、こんな場所がありました。

f:id:shiz1:20190522163158j:plain

黄色いじゅうたんが

f:id:shiz1:20190522163311j:plain

つづいている。

 車を停める場所もあったので、いっぱい撮ることができました。

f:id:shiz1:20190522163540j:plain

目にもあざやかな

f:id:shiz1:20190522163703j:plain

ハルジョオンと後ろ向き

f:id:shiz1:20190522163803j:plain

いっぱいですね

f:id:shiz1:20190522164059j:plain

キバナコスモスより大きい

f:id:shiz1:20190522164307j:plain

ものすごい数です。

 ああ、良いものを見れた!大満足!!と思って、ブログ更新しようと思ったら…。。。

ああー、「オオキンケイギク」は特定外来生物に指定された16種類の植物のひとつなのだということをはじめて知りました。

 ええーっ、こんなにきれいなのにーーー。

 毎年、楽しみにしていたものが、カミツキガメやブルーギルと一緒なのでしょうか???

調べてみると、<以下、環境省や都道府県のページ等からほぼ引用しています。>

 初夏に咲く美しい花が全国に広まり自然環境を悪化させています。その花は明治に観賞用に輸入された北米産のオオキンケイギク(大金鶏菊)です。堤防や河川敷などに5月から7月にかけ黄色い花を咲かせ一面黄色いじゅうたんを敷き詰めたように綺麗に咲き誇ります。これが繁殖力が強く日本在来種の草花を追いやり、日本古来の風景を変え、生物多様性を損なう恐れがある、というものです。環境省がオオキンケイギクを特定外来生物に指定し、法律で栽培・運搬・販売などを禁止しています。違反すると個人は最高懲役3年以内、300万円以下の罰金。企業は1億円以下の罰金が科せられます。ご注意下さい。多年草ですから毎年根気よく駆除する必要があります。

 

 駆除しなければ…と言われても、なかなか気持ち的には納得できない気もしますね。

でも、いろいろ読み進んで行くと、法面がオオキンケイギクで覆われるとがけ崩れや土砂災害も引き起こす…等々と、今もつめ跡があちこちに残る昨年のことを思い起こしました。

 特に九州地方環境事務所のこのページの「チラシ資料」がわかりやすかったのと、

九州地方環境事務所_外来生物対策-オオキンケイギクについて

 エスペックミック㈱さんのページ

オオキンケイギクからチガヤ群落へ | エスペックミック株式会社

等々読むと、かなり納得はしたのですが、もしかしたら、もう来年はこのあたりもすべてなくなっているかもしれないので、写真にのこさせてくださいね。

f:id:shiz1:20190522224013j:plain

ハルジョオンとは共生しているのにね

 かなりショックは大きかったし、考えさせられましたね。

ご存知の方も多かったのかもしれませんが、ほんとうにまったく知りませんでしたので、あえて写真ものせました。好んで広めたのも私たちなのにね。

 

 この頃、晴れた日の空がとても美しい日が多いのですが、今日はとびきり美しいと思いました。田圃の上の空をおとどけしますね。写り込んでいます。

f:id:shiz1:20190522224854j:plain

田植えの終わった田圃と美しい空

f:id:shiz1:20190522225259j:plain

空きれい

  美しいけれど、悲しい花のお話でした。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

いただいた矢車草のその後

 連休明けに出会った矢車草の大群のもとになったおうちから、小さな苗をいただいたって、お伝えしてましたね。

f:id:shiz1:20190521223052j:plain

このあいだの矢車草


www.shiz1.work

 切り花もたくさんいただきました。

f:id:shiz1:20190521223747j:plain

切り花でいただいた

 

 苗はちょっとくたっとなっていましたが、なんとか植えて、数日、日陰に置いて…いえ、放置してました。

f:id:shiz1:20190521223924j:plain

いただいた小さい苗

 切り花でいただいた紫蘭、アイリスは4・5日で終わりましたが、矢車草はいくつもの蕾がひらいて一週間以上もちました。

f:id:shiz1:20190521224946j:plain

一週間後もきれいでしたよ

 それに比べて一週間くらいはずっと枯れそうだった苗の矢車草は、先週末くらいから大復活を遂げました。

f:id:shiz1:20190521224304j:plain

ここまで成長!!

f:id:shiz1:20190521224435j:plain

何色の花が咲くかな?

 頂いたときに「何色かわからんよ」と言われましたが…、さて、何色が咲くのでしょうか??

f:id:shiz1:20190521224723j:plain

何色でしょうか!!

 あともう少し、ちょっとピンクかかっている気もしますが、何色が咲くのか、ほんとうに楽しみです。

f:id:shiz1:20190521224548j:plain

楽しみですね。

 白蝶草ともいうガウラの違う鉢もまた咲きはじめました。見れば見るほど白い蝶ですね。

f:id:shiz1:20190521230311j:plain

違う鉢のガウラ

 胡蝶蘭の二番花、一昨日はひらきかけだったのに、一日半で大変身しました。

f:id:shiz1:20190521231828j:plain

ひらきかけて、丸一日以上かけて

 こちらも、胡蝶蘭の名前の通り、まるでさなぎが蝶になるようです。

f:id:shiz1:20190521230356j:plain

胡蝶蘭の二番花

 いただいたのは、たしか二年前の七月です。昨年は咲かなかったので、二年越しではありますが、全部咲いたら、結構、ゴージャスになりそうな、でもひと月以上はかかりそう…ですかね☺

 

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

エゴノキの白い花と。

 近いうちに、エゴノキの特集!?を組もうと思っていたのですが…、昨晩の大雨で一夜のうちに、花はすっかり終わってしまいました。

f:id:shiz1:20190521194843j:plain

まだ蕾なのにね

f:id:shiz1:20190521195233j:plain

花びらいっぱい落っこちる

f:id:shiz1:20190521200703j:plain

一番残っているところ

 ですので、四日ほど前の満開の頃の写真を少しご紹介いたします。

f:id:shiz1:20190520230359j:plain

青空に白い花

f:id:shiz1:20190520230446j:plain

光を浴びて

f:id:shiz1:20190520230602j:plain

透ける光

f:id:shiz1:20190520230656j:plain

花びらは4枚と5枚と

 太陽がたいそうまぶしい日のことでした。

f:id:shiz1:20190520230728j:plain

今年はびっしりの花

 ちなみにですが、エゴノキはうちのだんなさんの大好きな木です。

そうそう、そして昨日はだんなさんのお誕生日でしたが、このところは半端ない多忙に多忙をきわめており、昨晩も夜遅くに訪問先から帰ってきたら、、、お客様からこんなラブリーアレンジメントをいただいて帰ってまいりました。

 お誕生日のお祝いだそうであります。

f:id:shiz1:20190521201642j:plain

ラブリーですね

 バラ、カーネーション、トルコキキョウ、あじさい、アルストロメリアですかね。

こんなにゴージャスな花たちがここに登場することは滅多にないので、横からもう一枚お届けします。

f:id:shiz1:20190521201933j:plain

ありがたいことですね。

 「仕事の評価は次の仕事をいただけること」と以前たいへんお世話になった方が仰っていました。

 働き方改革とは残念ながら無縁ですが、なんだかんだ言ってもお客様に頼りにしていただいて、次から次へとお仕事をいただける…うちは、…身体は心配ではありますが、たいへんありがたいことですね。お誕生日おめでとうです。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

オオデマリの花はおしまい

  四月のはじめ頃から、長い間楽しませてくれたオオデマリの花もおしまいとなりました。

f:id:shiz1:20190519215635j:plain

オオデマリ名残の花

 最初はみどりの花だったのに、すぐに真っ白になりました。

www.shiz1.work

  すこし陰になった場所に、こちらももうおしまいですが、一番最後の花が残っていました。

f:id:shiz1:20190519215715j:plain

陰にすこし残る

  こちらは少し前の写真ですが、大きいまんまるのままぼこぼこ落ちている花と、花びらが落ちているものといっぱいですね。

f:id:shiz1:20190519235911j:plain

ぼこぼこ花は落ちる

f:id:shiz1:20190520000352j:plain

花はそのままの形で落ちる

 こちらは、花盛りの頃の写真です。こんなにたくさんの花が次々に落ちるので、なかなかの量となりました。

 でも、真っ白な花だけ見ると、紫陽花と見紛う方がおられるのもわかりますね。 

f:id:shiz1:20190519220054j:plain

真っ白な頃

 昨年、オオデマリの近くに植え替えたまだ花の無いヤマアジサイが一瞬で咲いたかのようです。

f:id:shiz1:20190520000550j:plain

ヤマアジサイが咲く前に

 そして、もっと足元の原種シクラメンの蕾かと思っていたものは、こんなに大きくなり、これにも驚きました。調べてみると、種のようです。

f:id:shiz1:20190520000808j:plain

原種シクラメンに

 かわいい形の実ですね。

f:id:shiz1:20190520001238j:plain

どうやらシクラメンの種みたい

 うまく行けば、六月頃にはじけるらしいです。そうか、そうやって、このあたりはシクラメンが増えて行っていたようなのです。でも、湿った土でないと、種は発芽しないそうで、ああ、だから六月にはじけるのかと、改めて納得したのでした。

f:id:shiz1:20190520004232j:plain

ジューンベリーの実

 ジューンベリーの実も少しずつ膨らんでいます。

たくさんの実や種がどんどんふくらむ、どんどん結実する…初夏に向かう時節ですね。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

こぼれ種の花たちと。

 相変わらず、ちっちゃい庭のお手入れは行き届いていません。

それでも、放置した鉢にサフィニアの種つき茎をばらまいておいたところは、いつのまにかたくさんの芽を出し、たくさんの花も開いています。

 今年は今のところ夏の花を仕入に行く余裕がなく、ひとつも購入していないのでとてもありがたいことです。

f:id:shiz1:20190519174902j:plain

サフィニアの芽

f:id:shiz1:20190519174945j:plain

こちらは花ひらく

 あまりに草たちもいっぱいなので、少しお手入れしてサフィニアのみ残しました。

f:id:shiz1:20190519163037j:plain

サフィニアは先祖返り!?しませんね

 窓越しにぼかして撮ると、ちょっときれいですかね。

f:id:shiz1:20190519163145j:plain

室内からぼかして

 こぼれ種といえば、ニゲラ、あまり大きくはならないですが、今年も咲きました。

f:id:shiz1:20190519172546j:plain

白いニゲラ咲く

f:id:shiz1:20190519172635j:plain

つぼみも

f:id:shiz1:20190519172720j:plain

こっちも

 イベリスのハートの種もそのままにしておくことにしました。

f:id:shiz1:20190519173009j:plain

イベリスの種

 今日はラズベリーの花も確認しました。

f:id:shiz1:20190519172820j:plain

ラズベリーの花も

 ラズベリーの実ができるのは梅雨の頃、わずかではありますが今年も収穫できるとうれしいですね。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

レモン…摘蕾しようとしたら

 今朝は久し振りに涼しい朝となりました。

十年以上前からいる白いアマリリス、鉢を外に出してからは毎年、立派な花を咲かせてくれます。せっかくなので玄関近くに移動しました。

f:id:shiz1:20190518131421j:plain

アマリリス咲く

 2日ほど不在にしていただけなのに、イチゴは熟れすぎになり、たっぷり水撒きをしていったのに、パリパリ気味になったサフィニアの鉢もありました。

 でも、一番びっくりしたのは、昨晩移動中に、ネットで少しだけ学んで、レモンの蕾や花を思い切って摘蕾・摘花しようとしたら、、、既にほとんど無くなっていたことですね。

 しかも、残っているものも今にも落ちそうなものばかりです。

f:id:shiz1:20190518130653j:plain

わずかに残っているもの

f:id:shiz1:20190518130829j:plain

こちらも勢いなし

f:id:shiz1:20190518131107j:plain

落ちてます

またも調べてみると、花や蕾が落ちる原因は、

  • 低温が原因の「不完全花」である
  • まだ幼木で結実する力がない

等々とありました。

 そうして、植え付けから5~6年以上経つまでは幼木であること。年間の平均気温が15~16℃以上で、さらに冬期の気温が-3℃以下にならないことが必要で、冬期の寒さ対策が必要なこと等、調べれば調べるほど、これまで放置し続けていたので、実を結ばないのは仕方がないことかもしれませんね。

 そして、そして残っている花を確認しましたが、あらあら、めしべがないっぞぉ。

f:id:shiz1:20190518145552j:plain

不完全花みたい

f:id:shiz1:20190518145810j:plain

これもか!?

 すこし悲しいですが、これが現実というもの…ほんとうは、鉢植えに変える大プロジェクトもずっと前から目論んでいるので、今年、実をつけるかどうかは運を天にまかせて、見守りつづけることといたしましょう。

 ひさびさに室内編です!!

f:id:shiz1:20190518150302j:plain

胡蝶蘭咲く

 長い月日をかけて蕾が膨らみ、やっとやっと胡蝶蘭が一輪咲きました。

f:id:shiz1:20190518150506j:plain

こちらも花芽がのびてきた

 昨年咲いたこの鉢は、今年も花芽がのびてきました。

 午後からは久し振りにお湿り程度ですが雨模様となりました。

梅の花は、戦略的に不完全花を咲かせると聞きました。完全花も不完全花も両方あるべきもので、レモンの木も場所なのか、寒さ対策なのか、教えてくれているのかもしれませんね。 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング