ちっちゃい庭とおっきい空と。

植物と空と手抜き園芸の四方山(よもやな)話と、あともう少しいろいろと…。

ハナニラ咲いた、黄水仙も咲いた

 咲きそうで咲かなかったハナニラの花ですが、

f:id:shiz1:20210221184236j:plain

 

一昨日の朝、やっとひらいていました。

 でも、なんだかもうおつかれのようです。たぶん咲きたかった時期に雪の日が続いて、なかなか咲けなかったのではないでしょうか。
f:id:shiz1:20210221183656j:plain

もう一つの蕾はまだひらいていません。

f:id:shiz1:20210221200221j:plain

 

 黄水仙の蕾が二つだけうつむいていたのですが、いよいよ黄色くなっていました。

f:id:shiz1:20210221200344j:plain

 今年植えた水仙も、いつのまにか蕾が膨らんでいましたよ。

f:id:shiz1:20210221200507j:plain

 こちらはちょぴっとだけ大きくなったような…。

f:id:shiz1:20210221201543j:plain

今年はかなり少なめの日本水仙です。

f:id:shiz1:20210221200740j:plain

 

 今朝見ると、二つ目のハナニラもひらいていました。

何せ、今日はものすごくあたたかな日となりましたのでね。この前の雪の日がまるでうそのようです。

f:id:shiz1:20210221201004j:plain

うつむいていた水仙がまた上を向きはじめています。

f:id:shiz1:20210221201111j:plain

こちらはもうひらきかけていますね。

f:id:shiz1:20210221201220j:plain

こちらも咲くのはいったん俯いてからなのですかね。

f:id:shiz1:20210221201414j:plain

 

原種系のクリスマスローズはまだまだたくさん蕾が出てきているようです。

f:id:shiz1:20210221201719j:plain

 

 はい、午後見ると、もうひらいていましたよ。

f:id:shiz1:20210221202028j:plain

f:id:shiz1:20210221202111j:plain

 

 昨日、ものすごい久し振りに、近くの園芸店に行くことが出来ました。

残念ながら、カメラを忘れたので、素敵な春の花々は撮ることができなかったのですが、駐車場近くの売り物のしだれ梅があまりにすてきだったので、スマホで撮らせていただきました。

f:id:shiz1:20210221205703j:plain

 

 今週、お渡しするお花を探しに行ったのですが、ずっと愉しんでいただけるように、クリスマスローズにしようと思っていたのに、ついついマーガレットにしてしまいました。

f:id:shiz1:20210221202256j:plain

 一株なのに、レモン色⇒白⇒ピンク⇒桃色⇒赤色に変わるタイプです。「マーガレット スマッシュピンク&レモン」という小洒落た名前がついていました。

ちょっと、花色の変化を撮ってみました。

f:id:shiz1:20210221210644j:plain

f:id:shiz1:20210221210521j:plain

f:id:shiz1:20210221210933j:plain

f:id:shiz1:20210221211056j:plain

f:id:shiz1:20210221211222j:plain

f:id:shiz1:20210221211638j:plain

f:id:shiz1:20210221211806j:plain

f:id:shiz1:20210221211841j:plain

f:id:shiz1:20210221211905j:plain

f:id:shiz1:20210221212006j:plain

f:id:shiz1:20210221212043j:plain

濃桃色の花が咲いてからの成長がすごいのでしょう。濃い色の花は埋もれていますね。

f:id:shiz1:20210221212158j:plain

 お店の方に見ていただいて、これならどうでしょうと、直径30センチ以上の大きな鉢を選んで植え替えました。上手く育てれば六月くらいまで花をたのしめて、そのあとも切り戻しをしたらいいとのことでしたよ。…気に入っていただければ、嬉しいのですけれど。

f:id:shiz1:20210221202323j:plain

 

 何回も切り戻したハナカイドウ(花海棠)の花芽がふくらんできました。

f:id:shiz1:20210221213736j:plain

 

 黄水仙は一日ですっかりひらきましたね。

f:id:shiz1:20210221214044j:plain

f:id:shiz1:20210221214125j:plain



 春が来ると、ちょっと植物の動きが忙しくなりそうですが、こういう忙しさはうれしいものですね。


 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

この冬、いちばんの雪

 水曜日の深夜あたりから、雪が降り積もりました。

 

f:id:shiz1:20210219020913j:plainf:id:shiz1:20210219125231j:plain

 

 星ではありません。舞い落ちてくる雪です。

f:id:shiz1:20210219125613j:plain

 シャッタースピードを遅くすると、白い線を描きますが、やはり、雨とは違う動きです。

f:id:shiz1:20210219125544j:plain

 

 次の朝には、木陰の水仙の上にも、これくらい積もっていました。

f:id:shiz1:20210219021006j:plain

 

 道路の雪はすぐに消えてしまいましたが、芝生の上にはこれくらい残っています。

f:id:shiz1:20210219021047j:plain

というわけで、ずんぐりむっくりになりましたが、今年初のうさぎさんの登場です。

f:id:shiz1:20210219021115j:plain

 

 この間より、すこしだけ多めの雪でしたが、風はそれほどでもなかったので、近くの木々の雪化粧はこれくらいでした。

f:id:shiz1:20210219021142j:plain

 

 でも、八重咲の梅は寒そうです。

f:id:shiz1:20210219021208j:plain

雪ぼうし、どうでしょう。

f:id:shiz1:20210219021338j:plain

f:id:shiz1:20210219021234j:plain

f:id:shiz1:20210219021256j:plain

  石垣のホトケノザも雪ぼうしです。

f:id:shiz1:20210219021545j:plain

 

 空地のエノコログサが面白いことになっていました。

f:id:shiz1:20210219021737j:plain

いっばいずうっと続いています。
f:id:shiz1:20210219021615j:plain

f:id:shiz1:20210219021648j:plain

 

 では、いろいろな雪ぼーしをどうぞ。

f:id:shiz1:20210220121409j:plain

f:id:shiz1:20210220121112j:plain

f:id:shiz1:20210220121559j:plain

f:id:shiz1:20210220121635j:plain

f:id:shiz1:20210220121701j:plain

f:id:shiz1:20210220121746j:plain

 

 すぐに融けたと思ったら、また降りはじめました。

f:id:shiz1:20210220122000j:plain

f:id:shiz1:20210220133549j:plain

あたらしいふわふわ。

f:id:shiz1:20210220134011j:plain

上手く撮れませんが、雪の結晶も見えますね。

f:id:shiz1:20210220133806j:plain

f:id:shiz1:20210220122235j:plain

f:id:shiz1:20210220122312j:plain

f:id:shiz1:20210220122730j:plain

 

 すぐまた融け出して、日陰でも陽が射すとどんどん溶けて行きます。

f:id:shiz1:20210220123050j:plain

f:id:shiz1:20210220122932j:plain

f:id:shiz1:20210220123118j:plain

 

 

 午後に戻って来ると、

f:id:shiz1:20210220122622j:plain

 この寒さの中でも、花韮の一番花が咲きそうになっていました。

f:id:shiz1:20210220122507j:plain

 

 でもね、次の日もまだこの花韮(ハナニラ)はひらかなかったのですよ。

寒かったのでね。

 

 ちなみに、雪うさぎさんたちは、夕暮れ_酔芙蓉 (id:Yugure_Suifuyou)さんとこの雪うさぎさんを参考にさせていただきました。

日々の暮らしの中で あれこれ思うこと

たいへんありがとうございました。

…あんなに可愛くできなかったのと、南天の実はすべてお正月飾りに使ったのでひとつもなかったのですけれどね☺

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

姫金立花、咲いてました

 昨日の朝、一日経つと、ぱっとひらいた水仙です。

昨日は暖かな青空でしたが、今日は一転、真冬の寒さで雪が舞っています。

 

f:id:shiz1:20210216231946j:plain

 たったこれだけの花なのに、昨日の朝は香りも匂い立っていました。

f:id:shiz1:20210216232013j:plain

 

 あちこちで梅の花が咲き揃ってきました。

残念ながら撮れていませんが、そばを通り過ぎるだけでも、気持ちがワクワクしてしまいます。

 

 

 昨日の帰りに、ぴかぴかの黄色がちらっと見えたので、つい止まって、ちょっと立ち寄ってしまいました。

 

 今年も、咲いていましたよ。姫金立花(ひめきんりゅうか)たちです。

f:id:shiz1:20210216233102j:plain

 ほんとうにてかてかのぴっかぴかの花びらです。

仏の座やイヌフグリと一緒に咲いています。

f:id:shiz1:20210216233012j:plain

 

 こちらは今日ひらいたばかりの花のようです。

f:id:shiz1:20210217005614j:plain

まるで造りもののような美しい造形美です。

f:id:shiz1:20210217005856j:plain

 

 こちらは昨日あたりにひらいたのでしょうか。

f:id:shiz1:20210217010103j:plain

f:id:shiz1:20210217010121j:plain

f:id:shiz1:20210217010309j:plain

ちょっとずつ咲き進んだ花を選んでみました。

f:id:shiz1:20210217010415j:plain

f:id:shiz1:20210217010534j:plain

 

 白い小さなハコベも咲いています。

f:id:shiz1:20210217010722j:plain

ホトケノザとハコベたち。

f:id:shiz1:20210217010824j:plain

 イヌフグリたち。

f:id:shiz1:20210217010954j:plain

やっぱり空の色ですね。

f:id:shiz1:20210217011100j:plain

ホトケノザもたくさんいます。

f:id:shiz1:20210217011212j:plain

ナズナもね。

f:id:shiz1:20210217011532j:plain



 草地でぴかぴかのお花をみつけたら、是非のぞいてみてくださいね。

 

f:id:shiz1:20210217011322j:plain

f:id:shiz1:20210217011345j:plain

f:id:shiz1:20210217161929j:plain

f:id:shiz1:20210217162101j:plain

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

やっと咲いた水仙と。

 昨晩から雨模様、今朝は晴れ間も見えましたが、午後あたりからまた降ったり止んだりしています。こんな日は見晴らしの良い場所に行けば、きっと虹にお目にかかるはず…ですが、いろいろと締め切りに追われているので、片付けんと。

 

 と、言いながら、今朝は、日本水仙のわずかな蕾がぐーんと伸びていました。

f:id:shiz1:20210215151311j:plain

 

 あら、こちらではひらいていますね。

f:id:shiz1:20210215151449j:plain

f:id:shiz1:20210215151512j:plain

 

 今年もどんどん大きくなっていた原種系のクリスマスローズ、今朝はもうひらいていました。

f:id:shiz1:20210215151617j:plain

 

 こちらは一昨年、鉢を植え替えしても咲かなかったので、11月あたりに芽も出てないぞと思って、ここに放ったものです。二月に入ったくらいからやっと芽吹きはじめました。花芽ならとてもうれしいのですけれど。(…今朝は撮り忘れましたので、一昨日の様子です。)

f:id:shiz1:20210215151747j:plain

 

 同じ日のもう一鉢のクリスマスローズ、こちらも同じ時期に植え替えて、今年も蕾がふくらんできました。でも、こちらも地植えの方がいいのでしょうか。それとも、山田ガーデンさんがおっしゃっていたように、もっと立派な鉢に植え替えましょうか??

    クリスマスローズ ニゲルの開花 - 山田ガーデン

クリスマスローズの根張りはすごいので、そのうちぜひ検討いたしましょうね。

f:id:shiz1:20210215152555j:plain

 



 この間、通りすがりに撮った白梅です。

f:id:shiz1:20210214231748j:plain

 

 明日も横を通る予定なので、もっと咲いているかな。

f:id:shiz1:20210214231831j:plain

ものすごい密な枝ぶりです。

f:id:shiz1:20210214231958j:plain

 

 帰り道の逢魔が時。

f:id:shiz1:20210214232037j:plain

 沈んだばかりの陽を追いかけましたが、追いつけませんでした。

f:id:shiz1:20210214232102j:plain

f:id:shiz1:20210214232133j:plain

f:id:shiz1:20210214232156j:plain

f:id:shiz1:20210214232225j:plain

 

 空の色はいつも違いますね。

f:id:shiz1:20210214232314j:plain

 

 

 ああー、いろいろと片付けないといけませんが、とりあえず…、たまには植物の成長具合を確認したり、更新したりして、息抜きしないとね☺

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スノードロップ、すのーどろっぷ、オキザリス

 野ばらを植えたプランターの足元に、桃色のオキザリスが咲いていました。

たくさんの種類があるオキザリスですが、この八重咲は何という名前だったのか、すっかり忘れてしまったので、ちょっと調べてみました。

 

f:id:shiz1:20210211211600j:plain

 

 画像で似ていたのは、八重咲のオキザリス・オックスローズか、オキザリス・ポンポンかなと思って、夜中にさらにいろいろと写真を見ていたのですが、そう言えば、「ポンポン」という名前に何だか見覚えがあるような…。

 以前のブログを確認しても、みつけることができなかったのですが、きっとオキザリス・ポンポンということにいたしましょう。(…こんないいかげんなやつなので、違っていたら、是非、ご指摘くださいね。)

 

 さて、ちょっと別件で久々に寄せ植えのご依頼があったので、ものすごい久々に、ホームセンターに寄りました。

 この時期は、ビオラやプリムラたちも残りわずかでしたが少しだけ材料を仕入れ、そうして、その横にあったいつか植えたいと思っていたスノードロップと、あと残り数個だった水仙をついつい購入してしまいました。

f:id:shiz1:20210211235235j:plain

 

 アガパンサスなどはまだわかりますが、スノードロップも水仙も、えっネギ属も、みーんなヒガンバナ科なのですね。知りませんでした。

 

 スノードロップはまったく今回がはじめて仕入れました。

上から見るのもかわいいですけれど、

f:id:shiz1:20210211234321j:plain

下から見上げると、なんと美しいことでしょう。

f:id:shiz1:20210211234413j:plain

この場所はまだまだ整えないといけないヨーカンレンガエリアでも、真夏の西日が当たらない箇所です。ここでいいのかどうかはまだ不明ですが、増えてくれるとうれしいですね。

f:id:shiz1:20210211234637j:plain

 

 黄花と白花のラッパ咲き水仙もその近くに取りあえず、埋めてみました。

 

f:id:shiz1:20210212165216j:plain

f:id:shiz1:20210212165302j:plain


 この背丈の低い黄色い水仙が気に入ったので、そんなイメージで植えたのですが、どうやらもう少し背丈は高くなりそうな記載がありました。どうなるかは楽しみですね。


f:id:shiz1:20210211234735j:plain

黄水仙はやっと蕾が見え始めたのがわかりますかね。

これからぐんぐん伸びてきますよ。

f:id:shiz1:20210211234806j:plain

 

 毎年、お正月の頃には咲く日本水仙がなかなか咲かないなと思っていたら、いくつか蕾がついていました。たぶん夏を過ぎて、早めに葉っぱを抜いてしまったのと、寒波の到来で、今年はかなり控えめの成長具合です。

f:id:shiz1:20210212165610j:plain

 

 まばらで枯れたものもありますが、オキザリス・ポンポンと同じ葉っぱがあちこちに出ています。

f:id:shiz1:20210212165847j:plain

 

 ここには、イオノプシジウムと、オキザリス・ポンポンと、かろうじて、もう一種類のオキザリスが残っています。

f:id:shiz1:20210212165908j:plain

 

 この団扇のような葉っぱのオキザリスも、ついでにいろいろと調べてみたら、オキザリス・パルミフロンス、和名で「孔雀の舞」というのが一番似ているようです。

 
 孔雀の舞は、あまり咲かないということで画像もなかなか見当たらないようでしたが、11月に咲いたんですよ。好きな写真なので、もう一度お届けいたします。

f:id:shiz1:20210212223047j:plain

2020年11月1日のオキザリス・パルミフロンス

 しかも、一週間経ってもこのくらいでした。

f:id:shiz1:20210212223340j:plain

その一週間後

 オキザリス・パルミフロンス、孔雀の舞も増えるとうれしいですね。

f:id:shiz1:20210212223428j:plain

f:id:shiz1:20210212223451j:plain




 スノードロップの球根も植えっぱなしなので、ほんとうにいいですね。

f:id:shiz1:20210211234456j:plain

 

 五年以上前には、春にはビオラやプリムラを、夏にはペチュニアなどをいっぱい植えて毎年植え替えていた時期もあったのですが、やはり、何と言っても植えっぱなしで毎年咲いてくれるのが一番です。

 間違いないのは、ヨーカンレンガエリアでは、どんどん手抜き園芸が進んで行っているということですね。

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

冬の高坂PA 二月のはじめと、

 落葉樹の樹形を見るのが好きです。

でも、何の木か、はっきりとはわからないのがいけませんね。

密かな目標のひとつが、このくらいで、何の木か見破ることです。

 

 行ける場所には、葉っぱが生い茂る頃に確認しに行かないといけませんね。

 

f:id:shiz1:20210210192559j:plain

 

 今日は靄がかかっていますが、北側の水色お空は水彩色です。

f:id:shiz1:20210210193247j:plain

 

 南東側の色とは違います。

f:id:shiz1:20210210203322j:plain

 

 桜はまだこれくらいです。

f:id:shiz1:20210210203621j:plain

 

 こちらは先程の木とは違うように思います。

f:id:shiz1:20210210203924j:plain

 

 かなり移動したこちらも少しずつ違う木のようですかね。

f:id:shiz1:20210210203956j:plain

 


 さて、ほんとうに久し振りに、高坂PAに寄りました。

いつものトイレ休憩です。

f:id:shiz1:20210210204028j:plain


 もうお雛様がお目見えしていました。完璧なまでの手作りです。

f:id:shiz1:20210210205030j:plain

 

 その上には、たぶんもっと早い時期から飾られていたであろうスピード感溢れるスキーヤーたち、凛々しい雪だるまさんたちとスマートに滑るペンギンたちです。

遠近感も見事に表現されて素晴らしい。

f:id:shiz1:20210210205103j:plain

 

 丑年にちなんででしょう、牛さんたちも躍動していました。

f:id:shiz1:20210210205556j:plain

 

 外には山茶花のつやつやの葉っぱです。

f:id:shiz1:20210210211724j:plain


 このふわふわの造形美は何でしょう。イネ科には違いない気がしますが、キツネガヤでもないような、こちらも青々とした時に確認せねばなりません。

f:id:shiz1:20210210205859j:plain

 

 さらに移動して、何となく撮っていましたら、

f:id:shiz1:20210210212136j:plain


 大きめと小さめの鳥さんたちです。

f:id:shiz1:20210210211927j:plain

 

 インターをくるりと回ります。空がどんどん晴れてきました。

f:id:shiz1:20210210212246j:plain

f:id:shiz1:20210210212310j:plain

f:id:shiz1:20210210212329j:plain

全体的にはうっすらですが雲に覆われています。

f:id:shiz1:20210210212350j:plain

f:id:shiz1:20210210212433j:plain

 

 さて、この木も、こんなに近くても、何だかわかりませんね。

f:id:shiz1:20210210212614j:plain

 

 やはり、冬の木々は、

f:id:shiz1:20210210212633j:plain

なかなかに美しいですね。

f:id:shiz1:20210210212704j:plain

f:id:shiz1:20210210212727j:plain

 

 

 メタセコイヤの木は独特なので、すぐにわかります。

f:id:shiz1:20210210213050j:plain

 この木も解明したいですね。

f:id:shiz1:20210210213138j:plain

 

 あちらこちらで梅も咲きはじめました。

f:id:shiz1:20210210224013j:plain


 梅が咲きはじめると、そろそろ木々の芽吹きもはじまりますね。

芽吹きの前の葉っぱを落とした冬の木々も、なかなか素敵なので、ちょっと見てみてくださいね。

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

立春の日のカノープスと、ちっちゃい月下美人

 立春の日のカノープスを見ようと思っていたのですが、21時を過ぎた頃、南の地平線近くを見ても靄がかかっているのか、もう沈んでしまったのか、見つけることはできませんでした。

 

 でもね、立春点を通過するのは、2月3日の23時59分って、ほぼほぼ2月4日じゃないですか、…というわけで!?、2月4日は朝の雨がすっかり空の淀みも洗い流してくれて、澄み切っていたので、もう一度、探してみました。

 

 電線がかなり邪魔ですが、見えましたよ。

左下あたり、わかりますかね。

f:id:shiz1:20210205222539j:plain

 ちょっと移動して、望遠で拡大しても、なかなか見えにくい。

f:id:shiz1:20210205223143j:plain

f:id:shiz1:20210205222942j:plain

 10分後にはこのくらい右に移動しました。

f:id:shiz1:20210205223352j:plain

 

 そうして、もう少しすると、すぐに隠れて見えなくなってしまいました。

立春の頃にはこのくらいの時間帯に見えるんだーと改めて知ることができて、カノープスもたっぷり堪能できました。

f:id:shiz1:20210205223441j:plain

 

  昨年の11月の中頃だと、丑三つ時の頃だったので、季節のめぐりをこんな風にも感じることが出来ますね。

 

www.shiz1.work

 

 

 一月のおしまいの日の夕方前に、またも不思議な空をみつけたので、お届けしとかないとね。

f:id:shiz1:20210205224906j:plain

お日様がまるでお月様の様です。

f:id:shiz1:20210205224927j:plain

光ってますし。

f:id:shiz1:20210205225030j:plain

f:id:shiz1:20210205225224j:plain

 でも、雲はすぐに流れて行きます。

f:id:shiz1:20210205225348j:plain

f:id:shiz1:20210205225424j:plain

 

 

 この一月のおしまいの日、秋のはじめ頃にざっくりとばらけて植え替えた黄水仙の芽もずいぶんと伸びてきた頃でした。

f:id:shiz1:20210205225655j:plain

f:id:shiz1:20210205225627j:plain

 

 この日の夜は、満月から三日後の月が昇ってきました。

f:id:shiz1:20210205225825j:plain

f:id:shiz1:20210205225917j:plain

f:id:shiz1:20210205225848j:plain

 

 

 さてさて、話はちょっと変わりますが、今、もう一つ密かな楽しみがあります。

お正月あたりから、月下美人の葉っぱが日々ぐんぐんと大きくなっているのです。

 

 一月十日に撮っていました。

新しい葉っぱの芽が出てまもない頃です。

f:id:shiz1:20210205233155j:plain

 

 真ん中より少し下あたりに、「これは花芽か!?」と思ったりしたのですが、どうやら新しい茎のようです。

f:id:shiz1:20210205233342j:plain

 

 今日見ると、一ヶ月も経たないうちに、これくらい成長していました。

f:id:shiz1:20210205233600j:plain

f:id:shiz1:20210205235736j:plain

新しい茎は三倍くらいの長さになっていました。

f:id:shiz1:20210205235909j:plain

 さらにまた新しい茎です。

f:id:shiz1:20210206000031j:plain

先っぽの葉っぱもこのくらいになっていました。

f:id:shiz1:20210205235937j:plain

 

 ブログで確認すると、葉っぱをわけていただいたのは、どうやら2019年10月のことのようです。

(…ブログで確認できるのが、ほんとうにありがたいです)

 

www.shiz1.work

 

 こちらが根元にあるいただいた「元の葉っぱ」です。

 半年くらい植え替えれずに水に挿したままだったのですが、いつのまにか、真っ直ぐな茎が真上にと、下に根がぐーんと伸びていたので、慌てて、うちにあった鉢と観葉植物の土の残りに埋めてみたのでした。

 

f:id:shiz1:20210205233316j:plain


 それから一年足らず、まだひょろひょろではありますが、この寒いのに、確実に成長しているようです。


 でも、月下美人の花が咲くには最低でも2・3年はかかるらしいのです。

やはり、今年ではなく、来年くらいですかね。

 はじめて育てている月下美人、また、そのうちに状況をお伝えできればいいですね。ほんとうにとても楽しみです。

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング