ちっちゃい庭とおっきい空と。

植物と空と手抜き園芸の四方山(よもやな)話と、あともう少しいろいろと…。

黄水仙咲く

 昨日は午前中まで雨降りでしたが、午後にはすっかり雨も上がり、時折晴れ間も見えはじめました。

 いつの間にか、黄水仙が咲いていました。

f:id:shiz1:20200223174834j:plain

 寒さ対策で、軒下に置いておいたクリスマスローズもひらきはじめました。

f:id:shiz1:20200223175050j:plain

 そうして、ピンクのオキザリスは、

f:id:shiz1:20200223174903j:plain

 今日の晴れた日にやっと咲き、はじめて咲いた姿を撮ることができました。

f:id:shiz1:20200223213230j:plain

f:id:shiz1:20200223213716j:plain

 白いオキザリスは今日も咲きましたよ。

f:id:shiz1:20200223214044j:plain

f:id:shiz1:20200223214110j:plain

 

 昨日咲いた黄水仙を撮ると、昨日の雨のせいか、泥はねがたくさんついていました。

f:id:shiz1:20200223215524j:plain

f:id:shiz1:20200223215904j:plain

 

 そうっと花を揺らして、泥はねを落としてから、午後になって、もう一度、撮り直しました。 

f:id:shiz1:20200223220015j:plain

  その後ろ側にある原種系のクリスマスローズもずいぶんと咲いてきました。

f:id:shiz1:20200223233504j:plain

f:id:shiz1:20200223233649j:plain

f:id:shiz1:20200223234524j:plain

f:id:shiz1:20200223234611j:plain

f:id:shiz1:20200223234719j:plain

f:id:shiz1:20200223234806j:plain

f:id:shiz1:20200223234849j:plain

f:id:shiz1:20200224220452j:plain

f:id:shiz1:20200224220704j:plain

f:id:shiz1:20200224220800j:plain

 

 プリムラとジュリアンをやっと植え替えました。エゴノキとオリーブの足元の鉢と、草むらになっていた放置鉢に。

f:id:shiz1:20200224221001j:plain

f:id:shiz1:20200224221028j:plain

f:id:shiz1:20200224221109j:plain

 夕方の光がビオラの花びらを透かしています。

f:id:shiz1:20200224221428j:plain

 

 …というところまで、昨日書いて止まってしまいました。

 

今朝は昨日よりもう少しひらいて…、

f:id:shiz1:20200224222133j:plain

…もうすこしひらいていました。

f:id:shiz1:20200224222204j:plain

f:id:shiz1:20200224223108j:plain



 三日間にわたるちっちゃい庭の黄水仙たちをたくさんお届けしました。

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ヒメリュウキンカ(姫立金花)咲く

 先週、近くを通り過ぎた時に、ちらっと黄色が見えた気がしたので、今朝はわずかの時間でしたが、見に行ってみました。

 

 立ち上がる金の花、姫立金花(ヒメリュウキンカ)が早くも咲いていました。

f:id:shiz1:20200222000548j:plain

  こちらはまだひらいていない蕾です。

f:id:shiz1:20200222004344j:plain

 

 昨年の春にはじめてみつけて、いろいろと調べて、リュウキンカ(立金花)だと思っていたのですが、リュウキンカはもっと水辺に咲いて、もう少し背高のっぽで5月~7月に咲くらしいのです。

 

  ここは畑の横の草むらです。

f:id:shiz1:20200222215647j:plain

  昨年見つけたときはもっとたくさん咲いていましたが、三月だったので、これからなのかもしれません。

昨年の記事を見ると、リュウキンカと書いているので、申し訳ございません。

www.shiz1.work

 すぐ横にはホトケノザ、下側にはナズナとともにずっと続いています。

f:id:shiz1:20200222220048j:plain

f:id:shiz1:20200222220118j:plain

f:id:shiz1:20200222220139j:plain

 

 すこし向こうの垣根と溝の横沿いが黄色くなっているのをみつけました。

ちょうどその垣根のおうちの人が出てきて畑のコンポストに近づいてきたので、声をかけてみました。

 「あちらのヒメリュウキンカ、撮らせていただいてもよろしいでしょうか」

そうなんです。道の端あたりなら、遠慮なく撮らせていただくのですが、畑の横を通って撮らせていただくのはちょっと気がひけてしまうのです。でも、やはり…満面の笑みで、「どうぞどうぞ、自由に撮ってください」と言っていただきました。

 いつもいつも、こんなにタイミング良く出会いがあるのはほんとうに嬉しい限りです。

f:id:shiz1:20200222221344j:plain

 なんと美しい黄色、いえ輝くような金色ともいうべきなのでしょうか。

f:id:shiz1:20200222221701j:plain

f:id:shiz1:20200222221732j:plain

 溝の傍に咲いています。

f:id:shiz1:20200222221757j:plain

 溝の上の花は浮かび上がります。ほんとうは花弁ではなく萼(がく)とのことです。

f:id:shiz1:20200222222224j:plain

 てかてかの花ですね。 

f:id:shiz1:20200222221922j:plain

f:id:shiz1:20200222230204j:plain

f:id:shiz1:20200222221946j:plain

 開いたばかりの花の造形はほんとうに美しいです。

f:id:shiz1:20200222222020j:plain

 

 朝は雲一つない空でしたが、帰りの頃にはさまざまな種類の雲が広がっていました。

f:id:shiz1:20200222222348j:plain

 オオイヌフグリの青い色に似ています。

f:id:shiz1:20200222222412j:plain

f:id:shiz1:20200222222450j:plain

f:id:shiz1:20200222222526j:plain

 違う場所でもみつけましたが、こちらの方が陽当たりが良い場所かもしれません。

f:id:shiz1:20200222222753j:plain

 

 リュウキンカもヒメリュウキンカも花言葉を調べてみると、「必ず来る幸福」「あなたに会える喜び」、春とともによいことがいっぱいありますように。

f:id:shiz1:20200222230720j:plain

f:id:shiz1:20200223140220j:plain

  いつもご覧いただきほんとうにありがとうございます。おやすみなさい。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

薄桃色の梅畑

 道を曲がる時、ずうっと向こうの角が薄桃色になっているのに気づきました。

f:id:shiz1:20200219232708j:plain

 

 それからすこしして、もっと空が青い日、またその角を逆方向から曲がった時にふと思い出して、ちょっとだけ見に行ってみました。

 

 まだ桃の花にはずいぶんと早いけれど、もしかしたら桃畑かとも思ったのですが、近づいてみるとやはり梅ですかね。

f:id:shiz1:20200219233004j:plain

f:id:shiz1:20200219233901j:plain

f:id:shiz1:20200219233512j:plain

 

 冬の雲が近づいてきました。

ほんとうにびっしりと咲き誇っています。

f:id:shiz1:20200219233701j:plain

f:id:shiz1:20200219234251j:plain

 

 何とも言えないうすピンク色、ぼかすと、とてもやわらかな色合いです。

f:id:shiz1:20200219234547j:plain

f:id:shiz1:20200219234728j:plain

 

 こんなに見事な梅畑、やはりメジロたちも訪れて、蜜を吸っていましたが、望遠レンズを持っていなかったので、唯一撮れたのはこちらです。

f:id:shiz1:20200219234911j:plain

トリミングしてもやっとこのくらいですね。

f:id:shiz1:20200219234804j:plain

f:id:shiz1:20200219235311j:plain

f:id:shiz1:20200219235339j:plain

 

 遠くから見ると、あまりに見事なうす桃色の群落に、桃畑かとも思いましたが…、そうは言ってもまた違う季節に訪れて、梅の実をちゃんと確認してみないといけませんね。

 

        

 

 さて、今日のお昼頃の空の一角は思わず見入ってしまいました。

f:id:shiz1:20200219235907j:plain

 ほんのわずかにコンビニ横から見えた空ですが、ぐるぐる回りながら見上げて、何枚か撮ってしまいました。

f:id:shiz1:20200220000004j:plain

f:id:shiz1:20200220000533j:plain

 

 夜中までずっとこんな空が広がり、寒さが和らいだ雨水の日のことでした。

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

うっすらと雪

 桜島や四国でも雪が降り積もりましたね。

 こちらでも、道路にこそ積もりませんでしたが、昨晩あたりから屋根や植物の上にうっすらと積もり、急に真冬の景色となりました。

 

 昼間、広島市内では青空の合間から、とても寒そうな雪雲がどんどん近づいていました。

f:id:shiz1:20200218210950j:plain

 時折、雪も舞っていました。

f:id:shiz1:20200218211158j:plain

 

 夜半には雪が結構吹雪いて、すぐに積もっていましたよ。

f:id:shiz1:20200218211309j:plain

 そうは言ってもほんのすこしですね。

f:id:shiz1:20200218211559j:plain

 

 日付が変わる前くらいからまた降りはじめました。

f:id:shiz1:20200218211759j:plain

f:id:shiz1:20200218211943j:plain

 でも、またすぐに融けてしまいます。

f:id:shiz1:20200218212158j:plain

 

 早朝、明るくなってくると、茶色い芝生にはまだわずかに雪が残っていました。

f:id:shiz1:20200219000429j:plainf:id:shiz1:20200219000516j:plain

 この冬はじめて見たので、うっすらとした雪でもなんだかちょっと嬉しいわくわくした気持ちになってしまうのはどうしてなのでしょう。

 

 枯れた芝生の中にイオノプシジウムがあちらこちらで顔を出して、小さな小さなお花畑をつくっています。でも、絶対、踏まれてしまうと思うのですけれど。

f:id:shiz1:20200219002539j:plain

f:id:shiz1:20200219003235j:plain

 

 日が射すと、どんどん雪が溶けて行きます。

f:id:shiz1:20200219003302j:plain

f:id:shiz1:20200219003043j:plain

 

 でも、影だったところはまだこのくらい残っています。

f:id:shiz1:20200219003500j:plain

 

 これっくらいの雪と寒さでも、ガーデンシクラメンはまったくへっちゃらです。

f:id:shiz1:20200219003643j:plain

f:id:shiz1:20200219003708j:plain

 

 ビオラたちは…。

f:id:shiz1:20200219003900j:plain


 いえいえ、これっくらい、融けてしまえば大丈夫です。

f:id:shiz1:20200219004139j:plain

 陽が射してくると、次々と立ち上がります。

f:id:shiz1:20200219004349j:plain

f:id:shiz1:20200219004633j:plain

 オキザリスも大丈夫そうですね。

f:id:shiz1:20200219004830j:plain f:id:shiz1:20200219005236j:plain

f:id:shiz1:20200219005256j:plain

f:id:shiz1:20200219005315j:plain


そうして、芝生の雪はあっという間に融けてしまいました。

f:id:shiz1:20200219005507j:plain

f:id:shiz1:20200219005649j:plain

f:id:shiz1:20200219010009j:plain

 

f:id:shiz1:20200219004910j:plain

 

でも、ガーデンシクラメンの足元にはまだまだ雪が残っていました。

 この冬はじめて、うっすらと雪が積もった朝のことでした。


 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

プリムラ、ジュリアン、クローバーと

 ちっちゃい庭で唯一、最近ちゃんとつくった寄せ植えにクローバーをもう一種類購入して植えてみました。f:id:shiz1:20200216234519j:plain

 

というのも、昨年作って差し上げた寄せ植えで使った赤いクローバーの花がとても綺麗だったので、あれ??こんなに暗めだったかなと思いつつ、ついつい買ってしまったのです。

 あとから、自前のブログで確認すると、あらあら全く違う種類だったことに気がつきました。クローバーもものすごくたくさんの種類があるようです。

www.shiz1.work

 

 でもね、色合いとしては合うと思うし…、みつけてしまいました。幸せの四つ葉のクローバーです。

f:id:shiz1:20200216235450j:plain

f:id:shiz1:20200216235537j:plain

 ちなみに、この黄緑色の葉は、年末に切り戻しをしたキララの枝をダメ元でそのままあちらこちらに挿していたものです。半分以上が生き残り芽吹いています。暖冬とは言うものの冬なのにものすごい生命力です。

f:id:shiz1:20200217002312j:plain

 もしも花が咲くほど成長したら、ぜひ寄せ植えにでもしましょうかね。放置プランターにはいっぱい芽吹いています…が、果たして、ここから成長するのかどうか??さてさて、どうなるでしょうか。

 

 そうして、ついついスーパーに寄ったときに、プリムラとジュリアン一鉢120円を購入してしまいました。今日は植え替えることができなかったので、一週間後ですかね。(置きっぱなしままです。)

f:id:shiz1:20200217000721j:plain

f:id:shiz1:20200217000744j:plain

f:id:shiz1:20200217000807j:plain

 

 クリスマスローズがひらきはじめました。

f:id:shiz1:20200217001453j:plain

 

 そうして、寒くなってから植え替えた鉢植えのクリスマスローズの芽もちゃんと花芽で、うっすらとピンクがかった蕾になりましたよ。とても嬉しいです。

f:id:shiz1:20200217001121j:plain

f:id:shiz1:20200217001147j:plain

 新入りのピンクのオキザリスにも一つ目の蕾をみつけました。

f:id:shiz1:20200217002106j:plain

f:id:shiz1:20200217002127j:plain


 咲くのは晴れの日ですかね。またお伝えできればいいですね。

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

探梅、賞梅、送梅

 今週は一気に四月の陽気になった日も大雨の日もあります。

そうして、先週あたりから梅が一気に見頃となってきました。

 

 昨日、久し振りに趣味の園芸の録画を見ることが出来ました。

f:id:shiz1:20200215235519j:plain

 

 大江戸花競(はなくら)べ 十二選(11)「徳川斉昭が遺したウメ」というテーマで梅の魅力が満載でした。

www4.nhk.or.jp

 

 そのはじめに、「探梅」早咲きの梅を探すように観賞することで、昔は野山に咲く梅を探すように観賞したところからきている。続いて「賞梅」早咲きの梅や中咲きの梅が出揃い満開になる中、それぞれの梅を品定めるかのように梅を愛でる。

そして「送梅」は徐々に散りゆく梅の花を名残り惜しみつつ見送り、春の訪れを感じる観賞方法という言葉をはじめて知りました。

 

 もうそろそろ賞梅の頃でしょうか。 

f:id:shiz1:20200215235922j:plain

 

 こちらの八重咲の白梅ももうすぐ満開ですかね。

f:id:shiz1:20200216000419j:plain

 でも、よく見るとまだまだ咲き揃っていません。

f:id:shiz1:20200216204403j:plain

f:id:shiz1:20200216204435j:plain

f:id:shiz1:20200216204737j:plain

 

 いつも通る道沿いに戻ってくると、梅はもっと満開になっていたので、帰りにちょっとだけ寄ってみました。

 幹線沿いに咲く梅の木です。

f:id:shiz1:20200216205132j:plain

 

 さまざまな種類の梅の木が植えられています。残念ながら、梅の花の種類はわかりません。

f:id:shiz1:20200216210101j:plain

f:id:shiz1:20200216205653j:plain

f:id:shiz1:20200216205711j:plain

f:id:shiz1:20200216205929j:plain

 足元には水仙の花が咲いていました。

f:id:shiz1:20200216215742j:plain

 ひらき始めの花はこちらです。

f:id:shiz1:20200216220022j:plain

 薄桃色もあります。

f:id:shiz1:20200216214447j:plain

f:id:shiz1:20200216214526j:plain

f:id:shiz1:20200216214606j:plain

 もう少し濃い桃色です。

f:id:shiz1:20200216214813j:plain

f:id:shiz1:20200216221521j:plain

f:id:shiz1:20200216221546j:plain

 こちらの白梅は先程と同じ種類なのでしょうか。

f:id:shiz1:20200216221624j:plain

f:id:shiz1:20200216221930j:plain

鈴生りの実…ではなく花、きっと鈴生りの実になるかもしれません。

f:id:shiz1:20200216221954j:plain

f:id:shiz1:20200216222447j:plain

f:id:shiz1:20200216222942j:plain

f:id:shiz1:20200216222610j:plain

f:id:shiz1:20200216222519j:plain

 

 趣味の園芸からもう一つ、白梅と紅梅の区分について、それは花の色ではなく木の色だということも初めて知りました。枝を斜めに切ってみると、紅梅はうっすらと赤みのさした色とのこと、今度、うちのしだれ梅も検証してみないといけませんね。

 

 梅の花をいっぱいお届けしました。

すぐに送梅の頃となります。是非、お近くの梅を見にお出かけくださいね。

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

碧く沈む空

 宵の明星は夕暮れ時にはずいぶんと高い位置で、ひと月前よりもかなり西に移動しました。 

f:id:shiz1:20200209162901j:plain

 

  暗くなる少し前にみつけた道路脇の原種系の白水仙、わずかの土でもたくさん咲いていました。

f:id:shiz1:20200211231952j:plain

 小さめの花ですが、とても良い香りがしています。

f:id:shiz1:20200211232029j:plain

 

 田圃の近くを通っていると、ずっと向こうから鳥の一団が飛んできました。

f:id:shiz1:20200211233624j:plain

すぐ近くまで来て、

f:id:shiz1:20200211232427j:plain

f:id:shiz1:20200211232729j:plain

くるりと旋回して、

f:id:shiz1:20200211232805j:plain

あっという間に飛んで行きました。

f:id:shiz1:20200211232846j:plain

f:id:shiz1:20200211232921j:plain

 

 猫ちゃんが一匹見ていました。

f:id:shiz1:20200211232444j:plain

 碧く沈む空。

f:id:shiz1:20200211233500j:plain

よく見ると、ススキやらセイタカアワダチソウたちのシルエットが浮かび上がっていました。

f:id:shiz1:20200211234015j:plain

少し離れた田圃には、はぐれたのでしょうか、一羽だけで降り立つのをみかけました。

f:id:shiz1:20200211234432j:plain

 冬の碧く沈む空をお届けしました。

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング