ちっちゃい庭とおっきい空と。

植物と空と手抜き園芸の四方山(よもやな)話と、あともう少しいろいろと…。

真冬なのに夏の花

 違う鉢にもオキザリスがいくつも咲き始めた日、

f:id:shiz1:20200119224044j:plain

f:id:shiz1:20200119223558j:plain

澄んだ冬の空はとても美しかったですね。

 

f:id:shiz1:20200119221412j:plainf:id:shiz1:20200119215004j:plain

東側にもずっと淡い雲が続き、
f:id:shiz1:20200119221021j:plain

お日様は今日も虹色を帯びていました。

f:id:shiz1:20200119221749j:plain

  

 昨年からなんだかいろいろと追われていることが多いのですが、ちょっとだけ先が見えてきたような気がすると、合間にでも写真を撮ったりして、気持ちを落ち着かせてからまたぼちぼち取り組んでいきましょうかねと思ったりしています。

 

 いつもなら、とっくに枯れているペチュニアやサフィニアがまだ咲いています。

f:id:shiz1:20200119224319j:plain

f:id:shiz1:20200119224342j:plain

f:id:shiz1:20200119224408j:plain

 夜は冷え込む日もありますが、やはり暖冬の影響でしょうか。

真夏の花なのに、今日もたくさん咲いていました。

f:id:shiz1:20200119225458j:plain

f:id:shiz1:20200119225557j:plain

 寄せ植えのビオラもまだ一月なのにふっくらと盛り上がっています。

f:id:shiz1:20200119224537j:plain

アリッサムももこもこですね。

f:id:shiz1:20200119224453j:plain

 お昼頃にには真っ白い雲。

f:id:shiz1:20200119225240j:plain

晴れた日のオキザリスは今日も満開です。

f:id:shiz1:20200119225050j:plain

 植え替えたクリスマスローズに花芽でしょうか。花芽だったら嬉しいのですけれどね。

f:id:shiz1:20200119225344j:plain

 

 夕暮れの陽射しがペチュニアを浮かび上がらせています。

f:id:shiz1:20200119224941j:plain

 

 先日、広島では、初雪が見られた最も遅い日の記録が1935年1月16日以来、85年ぶりに塗り替えられました。そして、まだまだこの記録は伸びそうな予報が続いています。未来のために、はじめること、ほんとうにたくさんありますね。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

クリスマスローズの蕾に冬の光を

 このあいだ、月に光の輪っか月暈(つきがさ、げつうん)がかかった次の日の朝、空を見あげると、まるで水刷毛で白絵具をのばしていったような空になっていました。

f:id:shiz1:20200112232930j:plain

 

 日本水仙の花がひらきました。

伸びてきたハツユキカズラに押されています。

f:id:shiz1:20200112233223j:plain

 下の方の蕾も膨らんでいます。

f:id:shiz1:20200112234051j:plain

 

 すぐ近くのクリスマスローズを見に行くと、葉の間からいくつかの蕾が出ていました。でも、ほとんど面倒をみなかったせいか、それとも、昨年ずっとたくさんの花を咲かせたままにしていたせいか、葉が痛んでいたりくしゃくしゃになっていたりしていました。

 今年の花は少なめになるかもしれませんね。

f:id:shiz1:20200112234434j:plain

 それで、またsnowさんの去年の記事を思い出しました。

こちらの記事は以前も載せさせていただいたのですが、この記事を拝見すると、とても参考になりますし、ほんとうに様々なクリスマスローズが育ててみたくなるほどの素敵な記事なのです。

snow36.hatenablog.com

 そして、そして今の時季は蕾に陽の光をあたえてやらないといけないのでした。

ちっちゃい庭のクリスマスローズの蕾にも、すこしでも陽がさすようかきわけてあげないといけませんね。

 

 去年植えた遅咲きの水仙も芽吹いていました。今年は咲いてくれますかね。

f:id:shiz1:20200112234237j:plain

 

       

 

 空想のいきものがふぅーっと息をはくと、

f:id:shiz1:20200113000303j:plain

湧きたつように雲が巡ります。

f:id:shiz1:20200113000204j:plain

f:id:shiz1:20200113000403j:plain

 陽の光も包まれて、

f:id:shiz1:20200113000620j:plain

一瞬、彩雲が虹色に輝きました。

f:id:shiz1:20200113001115j:plain

 

       

 

 植え替えたイオノプシジュームの向こうに一輪だけ咲こうとしていたオキザリスは、

f:id:shiz1:20200113001517j:plain

すっかり空が晴れてきてから、

f:id:shiz1:20200113001842j:plain

f:id:shiz1:20200113001901j:plain

陽射しをいっぱいにあびて咲きました。

f:id:shiz1:20200113001943j:plain

 こちらも満開ですね。

f:id:shiz1:20200113002205j:plain

 それにしても、オキザリス・バーシカラーの赤色はなんと芸術的な色の付け方なのでしょう。いつも感心してしまいます。

f:id:shiz1:20200113002332j:plain

 

 気がつけば、今季はまだ雪を見ていません。今年の暖冬はすこし心配なほどですね。

積もるとたいへんではありますが、大寒の頃にはどうぞ寒波もやってきますように。

 おやすみなさい。

 

 

冬の真綿雲と

 夏のもこもこ雲も素敵ですが、澄んだ冬の空に浮かぶ真っ白の雲を見あげると、すうっと気持ちが晴れて行くような心持ちがします。

 真綿のような真っ白な雲、今日はひさびさにゆっくりと見上げることができました。

f:id:shiz1:20200111003039j:plain

 

 北の空には、もうすこし真綿をちぎったような雲がありました。 

f:id:shiz1:20200111011146j:plain

f:id:shiz1:20200111003005j:plain

 

 今週も何とか何とか…なったのだろうか。いやいや、あまりにたくさんあり過ぎて、いろいろとやらかしてしまいましたが…。それでも、今年はぽかぽかの小寒を迎え、明日はやっとやっと庭の手入れも少しは出来るかもしれません。

 

 帰宅途中で雲一つない空に月齢14.9の満月を見ました。

月明かりに照らさられて、小さな星々は見えづらくなっていましたが、青白いシリウスやオリオンはかえってくっきりと見える気がするので不思議です。

 

 真夜中にもう一度、満月を見あげてみると、薄雲がかかり、うっすらと暈をかぶっていました。

 急いで撮ってみましたが、かなり手ブレの写真となってしまいました。

f:id:shiz1:20200111005116j:plain

 

 久し振りにみなさまのブログを拝見すると、あちらこちらで原種系クリスマスローズの花芽だより…、昨年は77の花が咲いた株に、どうぞ花芽が伸びていますように!!

 

 と、一度更新してから、ふともう一度窓の外を見ると、月のまわりの光の環が先程よりさらに濃くなっていました。そうなると、小さな三脚を持ち出しました。

f:id:shiz1:20200111015455j:plain

 

 ほんとうに、なかなか更新できなかったので、明日につなげる一記事をすこし…でした。みなさまどうぞよい夢を、おやすみなさい☺

羽ばたきの新しい年へ

 今季は暖冬というのに、昨年のお正月には咲いていた日本水仙がまだつぼみです。

でも、ここ数日の穏やかな晴れの日続きのおかげでしょうか、急激に膨らんできています。

f:id:shiz1:20200105134601j:plain

 

 三が日の最後の日に、広島の護国神社にお参りしました。

ひこうき雲がふくらんだのでしょうか。

f:id:shiz1:20200105113503j:plain

お城の方に伸びていました。

f:id:shiz1:20200105113525j:plain

 

 無料駐車場はすぐに停めることができましたが、参道に続く道には長い長い列が出来ていました。でも、結構早く本殿近くまで辿り着き、ここでもう一方の列と合流していました。

 いつも仕事はじめの日の午後に来たりしていたので、こんなに並んだのははじめてです。朔日、二日はもっとすごい人だったのでしょう。

f:id:shiz1:20200105114426j:plain

 向かって左手に子年のねずみの絵、右手に「庚子(かのえね)」の書が奉納されていました。

f:id:shiz1:20200105114459j:plain

 

 庚子の年、どうぞ良い年となりますように!!

 

 夕方の空にも天使の羽ばたきのような雲が、北の空から、、、

f:id:shiz1:20200105114558j:plain

西の夕陽まで伸びていました。

f:id:shiz1:20200105114535j:plain

 

 実はお正月もまだまだ大きな複数の宿題に取り組んでいます。
取り急ぎは、7日のパワポを仕上げるのと、あとふたつほど…、うん!?まだ他にも??、いえいえお仕事の報酬は新しいお仕事…と以前たいへんお世話になった方に教えていただきました。でも、なかなかに能力が追いついてくれませんね。

 

 少し枯れはじめ、花が咲かなくなったダールベルグデージーがまた咲きはじめました。

f:id:shiz1:20200105142558j:plain

 こちらも花が終わり、葉がほとんど枯れ落ちていた大文字草にたくさんの新しい葉が芽吹いていました。

f:id:shiz1:20200105142631j:plain

 

 いろいろなものに、いろいろなことに、たくさんの感謝をこめて、今年もはりきっていきましょう!!

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

令和二年、庚子の年のはじまり

 新しい年がはじまりました。

元旦から晴れ渡り、三が日とも穏やかな晴れの日となりました。

f:id:shiz1:20200102232110j:plain

f:id:shiz1:20200102223419j:plain

f:id:shiz1:20200102231903j:plain

 山の木々は眠りについていますが、

f:id:shiz1:20200102231946j:plain

f:id:shiz1:20200103002815j:plain

 晴れの日のオキザリスはたくさん花ひらいてくれています。

f:id:shiz1:20200102231533j:plain

 

 2020年、令和二年は庚子(かのえね)の年ですね。正確にいうと、立春の2月4日からですが、木から火、火から土、土から金、金から水、水から木が生じる陰陽五行では、十干の庚は陽の金、十二支の子は陽の水で、相生(金生水)~相手を強める影響をもたらす組み合わせとのことです。

 庚 → 草木としての成長が止まり、花を咲かせて種子を残す準備に入る秋の状態

 子 → 種子の中で新しい生命を育てている状態

これまでの…継続すべきことと刷新すべきことをきちんと見直して、じっくりと育んだ種を芽吹かせる、育んできた新しいことにチャンジするには絶好の年とも言われています。

 

 12月についつい仕入れたけれど、そのまま放置していた違う種類のオキザリス、なんとか植え替えたものがやっと元気を取り戻してきました。

手前にイオノプシジウムを移植してみました。

f:id:shiz1:20200103004156j:plain

 ビオラももう一種類だけ仕入れてみました。

f:id:shiz1:20200103004120j:plain

 わずかに残ったクラリンドウの実は徐々に大きくなっているような気がします。

f:id:shiz1:20200103004934j:plain

 

 今年もちっちゃい庭のあちらこちらに生えてきている南天の実をかき集め、松とユーカリ二種とで、簡単ではありますがお正月のお飾りとしてみました。

f:id:shiz1:20200103005334j:plain

f:id:shiz1:20200103010141j:plain

 

 年末にふと、三年以上放置していて、根詰まりしていたクリスマスローズを植え替えてみました。もう少し早い時期にしないといけなかったかもしれませんね。

f:id:shiz1:20200103010619j:plain

  夕暮れが迫る前には、

f:id:shiz1:20200103010910j:plain

 オキザリスはすぐに閉じてしまいます。

f:id:shiz1:20200103010801j:plain



 さて、みなさまのこれまで育んできたことは何でしょうか。何にチャレンジし、実践されますでしょうか。


 …というからには、何かスタートしなければ、立春からですかね☺

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

晴れた日に咲く

 このところは雨や曇り続きで、残念ながら26日の部分日食も見えないままでしたが、今日は貴重な晴れの日となりました。

 

f:id:shiz1:20191229002555j:plain

 

 気忙しい日々が続き、いくつもの山があると時間だけでなく気持ちにもゆとりがなくなりますね。やはり、記事には気持ちにゆとりがないとなかなか辿りつけなくなるものです。

 と言いながら、先週には、はてなブログを始めた方に「ご自身のペースでいいとは思いますが、週一を目指して書かれてみては?」とちょっと先輩ヅラ!?して、ついついお伝えしてしまいました。先輩と言ってもたったの一年足らず、まだまだ初心者の域ですし、そんなことを言いながらも自身は更新できない日々が続いたままだったので、気恥ずかしい限りですね。

 

 冬の空はいろいろな雲が現れては消えていきます。

お日様を隠す黒い雲も、ふわふわのちぎれ雲も急ぎ足で流れていきました。

f:id:shiz1:20191229004551j:plain

f:id:shiz1:20191229005010j:plain

 

 このところ、なかなか咲くことが出来なかったオキザリスが今日は一気にひらいています。

f:id:shiz1:20191229005245j:plain

f:id:shiz1:20191229005337j:plain

f:id:shiz1:20191229005116j:plain

 

 4日前には蕾のままだったのに、今日の陽射しの下でめいっぱいひらいて、とても嬉しそうにさえ見えてしまいます。

 

f:id:shiz1:20191229010042j:plain

 

 自然に生えてきた万両に何故か大きな赤い実が一つだけ残っているのをみつけました。

f:id:shiz1:20191229005824j:plain

 真っ赤なもみじの葉がまだまだたくさん落ちています。

f:id:shiz1:20191229005724j:plain

f:id:shiz1:20191229012140j:plain


 さてさて、いよいよ年末となりましたが、まだまだ仕事が終わっておりません。

もうすこしだけがんばって、…このところ読ませていただくこともままならなかったみなさまの記事や、おそうじやらはもう無理せず年明けとしましょうかね。おやすみなさい。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

一陽来復、今日からがんばる

 なかなかハードな日々が続き更新も出来ないまま、冬至の日を迎えました。

一年で一番陽が短い冬至の日は、陰極まって一陽が生ずるとして、一陽来復(いちようらいふく)とも言われるようですね。

 大晦日や節分の日を示したりもするそうですが、やはり、冬至の日を境に考えるととても気持ちがすっきりするような気がします。

 でも、今日は残念ながら雨模様で、冬至の日のお日様を臨むことはかないませんでした。

 

 昨日、すこしだけ撮ってみた一週間後の寄せ植えは、クローバーが立ち上がり、寒さの中でも新芽が出てきていました。

f:id:shiz1:20191222230153j:plain

 

 先週の時雨れた日に、北の空にうっすらと虹を見ました。 

f:id:shiz1:20191222230722j:plain

 

 このところは曇り続きですが、夕方近くは急に空が晴れる時もあって、とても綺麗な夕陽も見ました。

f:id:shiz1:20191222231533j:plain

f:id:shiz1:20191222232125j:plain

 沈み行くお日様でもものすごいエネルギーを感じます。

f:id:shiz1:20191222232341j:plain


 さて、こちらも昨日の写真です。先日お伝えしたちっちゃい庭のもみじはほとんどが枯れ落ちたのですが、秋の陽気に誘われて、遅れて成長した青もみじの葉が、遅れて赤く染まっていました。

f:id:shiz1:20191222233208j:plain

f:id:shiz1:20191222233547j:plain

f:id:shiz1:20191222233621j:plain

f:id:shiz1:20191222233649j:plain

 

 植えていない土佐水木の木は今年はずいぶんと大きくなり、数枚残った葉っぱが黄色く色づいていました。

f:id:shiz1:20191222234249j:plain

f:id:shiz1:20191222234312j:plain

 このところの曇り続きで、オキザリスは咲けないまま、蕾のままの日々が続いているようです。
 でも、いなくなっていたと思っていたバーシカラーも先週は一輪だけ咲いていたので、今の蕾はバーシカラーも含まれているかもしれません。

f:id:shiz1:20191222235249j:plain

 

 こちらが先週の一輪だけ咲いたオキザリス・バーシカラー、そのうちに初冬のオキザリス日記!?をお届けできればなぁと思っています☺

f:id:shiz1:20191222234949j:plain

 

 夕空の宵の明星も輝きを増してきました。

f:id:shiz1:20191222235817j:plain

f:id:shiz1:20191223000033j:plain

 26日には部分日食もあるようですね。

お日様の光が増してくる明日から、もっと良いことがありますように!!

ブログの更新もぼちぼちがんばって行ければと思っています。

おやすみなさい。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング