ちっちゃい庭とおっきい空と。

植物と手抜き園芸の四方山(よもやな)話と、あともう少しいろいろと…。

カタバミの考察

 知らなかったのですが、オキザリスはカタバミの仲間なのだそうです。

カタバミ科カタバミ属の中の園芸品種がオキザリス !?のようですね。ネット上ではオキザリス属との記載のあるものもありました。

f:id:shiz1:20190501225540j:plain

アカカタバミはびこる

 いずれにしても、うちのオキザリスたちも来年も元気に咲かせるために、夏の間、葉っぱを枯らせないようにしないといけませんね。

f:id:shiz1:20190502145534j:plain

一月のオキザリス、花の形はいっしょ??

 さて、この頃はカタバミ(片喰)もありとあらゆるところに咲いています。ほんとうにあらゆるところにです。

f:id:shiz1:20190503231326j:plain

カタバミの花は黄色一色

 でも、写真で撮ると、意外と美しい花ですね。…種もどんどん出来てはいますが。。。

f:id:shiz1:20190503231732j:plain

黄緑と黄色

 カタバミの花には、アカカタバミにあった赤いまだら模様はありませんね。

ちっちゃい花を撮っていると、ちっちゃい世界が気になります。こんな小さな忘れな草がハートのそばにかろうじて咲いていました。

f:id:shiz1:20190503231924j:plain

ちっちゃい忘れな草とハートとスギゴケこびと

そして、アカカタバミとカタバミが…、花を比べてみてくださいね。

f:id:shiz1:20190503233529j:plain

カタバミたちとトキワハゼも

 アカカタバミの葉色はとても渋めの色合いですね。

f:id:shiz1:20190503232423j:plain

アカカタバミとカタバミと

 比べてみると、このあたりのアカカタバミが一番赤いまだらが多めのような気がします。ピンクの忘れな草ももうそろそろ花はおしまいでしょうか。

f:id:shiz1:20190503232748j:plain

一番赤が多い!?とピンクの忘れな草

 こちらも、ご存じムラサキカタバミです。

f:id:shiz1:20190504232322j:plain

ムラサキカタバミも

f:id:shiz1:20190506151558j:plain

ムラサキカタバミもはびこる

f:id:shiz1:20190506151712j:plain

大きめハート

 そして、ちっちゃい庭のカタバミ属カタバミ科を観察するうちに、

  1. カタバミ(片喰)………花は黄色、葉は黄緑
  2. アカカタバミ(赤片喰)……花は黄色と中央に赤の斑、葉は渋い赤色
  3. 中間派もいるらしい

ということがわかりました!!

f:id:shiz1:20190506152339j:plain

カタバミ

f:id:shiz1:20190506152414j:plain

アカカタバミ

f:id:shiz1:20190506152448j:plain

中間派??

  種はパーンとはじけて遠くまで飛びますし、冬場も地下茎がずっとつづいています。恐るべき、カタバミの戦略です。

f:id:shiz1:20190502150050j:plain

  この粘り強さを、生きる術を学ぶべきところがあるかもしれませんね。

ちなみに、この冬場の間に、ヨーカンエリア近くのアカカタバミの地下茎をずっと掘り当てて!?かなりの数を抜いたので、残念ながら?今回はこれくらいの写真になっていますが、昨年はほんとうに見渡す限りの黄色い花畑!?だったのですよー。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング