ちっちゃい庭とおっきい空と。

植物と手抜き園芸の四方山(よもやな)話と、あともう少しいろいろと…。

紫のランタナと白いサルスベリと

 昨日の雨のせいでしょうか。

今日は、見あげる度に、空がなんと美しいことでしょう。

空の青さが沁みるほどです。今日も暑くなりそうです。

f:id:shiz1:20190807152012j:plain

f:id:shiz1:20190807152124j:plain

f:id:shiz1:20190807162237j:plain

 

 枯れかかっていたセイロンランティアとニューギニアインパチェンスもさらに復活していました。

f:id:shiz1:20190807162431j:plain

f:id:shiz1:20190807162501j:plain

 

 酷暑つづきであまり咲かなくなっていたガウラも今日は心なしかいっぱい咲いていました。でも、ざんねんながら、ぼうぼうのままです。 

f:id:shiz1:20190807162815j:plain

 

 この下に紫のランタナが隠れてしまっています。いかに強いランタナでも、ガウラの勢いには負けてしまっています。

 

 と思ったら、郵便局近くの生け垣のランタナ、今日の青空に映えていました。青に紫もいいですね。

f:id:shiz1:20190807163641j:plain

f:id:shiz1:20190807163412j:plain

 

  よく見るランタナは以前お伝えしたこのタイプ、よく見てください、蕾の時は黄色、それから花はピンクに変化します。

 和名がシチヘンゲ(七変化)と呼ばれる所以です。ピンクと白、オレンジと黄色、黄色一色などいろいろありますね。まだ実際に見たことはありませんが、白いランタナや斑入りの葉のランタナもあるようです。

f:id:shiz1:20190807203334j:plain

 放っておいても、真夏でもずっと咲き続けるランタナ、強い切り戻しだけは必要ですが、場所がある方は是非育ててみてくださいね。

 

 この間、紅色の立派なサルスベリ(百日紅)をみつけて撮らせていただきましたが、今日は白いサルスベリをみつけました。 f:id:shiz1:20190807202300j:plain
f:id:shiz1:20190807164204j:plain

f:id:shiz1:20190807202406j:plain

f:id:shiz1:20190807202547j:plain

 サルスベリは百日紅と書きますが、百日も咲く紅の花、真っ白いのは白花百日紅というそうです。紅色も良いですが、白もとても涼しげです。

 

 涼しげな白に続いては、真っ赤なゼラニュームです。

遠くからも浮き立つような赤い花、自転車置き場の横にひっそりと咲いていました。

f:id:shiz1:20190807235733j:plain

f:id:shiz1:20190807235640j:plain

 

 夏に涼しげな花たちと、青い空と、真っ赤な花もお届けしました。

青空がきれいな日は星空も美しいです。今日は星がきらきらと瞬いています。

 週末あたりからペルセウス座流星群が活発になりますね。今年は満月前の月のあかりでちょっと見えにくいかもしれませんが、いつもよりもう少し夜空を見あげてみましょうね。

 国立天文台さんのページも是非ご覧ください。

www.nao.ac.jp

 


にほんブログ村 花・園芸ブログへ

にほんブログ村


人気ブログランキング