ちっちゃい庭とおっきい空と。

植物と手抜き園芸の四方山(よもやな)話と、あともう少しいろいろと…。

みどりのゆびを持っていますか!?

  みどりつながり…ということではありませんが、小さい頃から大好きだった大事な本の一つが「みどりのゆび」です。

 その大昔は、まじめに自分の親指を押し付けて、そこにあるはずの種を見出して、何かの芽を出し成長させることが出来ないかと本気でこころみたほどです。

みどりのゆび (1977年) (岩波少年文庫)

みどりのゆび (1977年) (岩波少年文庫)

  • 作者: モーリス・ドリュオン,ジャクリーヌ・デュエーム,安東次男
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1977/07/07
  • メディア: 文庫
  • この商品を含むブログを見る
 

 ご存じのように、「みどりのゆびをもつ」は特に欧米では代名詞のように使われていますね。

 でも、大人になって久しい今となって思うのは「みどりのゆび」を持っているかどうかは、資質というよりも、どのくらい植物が好きか、どれほど細やかな植物の変化に気づけるかどうかだけかなと思ったりしてしまいます。

 でも、「うちの会社はどんな植物をいただいてもすぐ枯れてしまうのよ」という会社に入っても、ついつい手入れにいそしんで、枯れそうな植物を復活させたり、次々と増やしたり(…時々は枯らすこともありましたが…)を様々な会社やいろいろな場所でやってきました。

 残念ながら魔法をつかうことができない普通の人なのは確かですが、ひそかに「みどりをゆびを持つ人」のはしくれにはいるかなという自負は持っているのでした。

f:id:shiz1:20190408210014j:plain

みどりのはなとみどりの葉

 そして、いくつになっても、この世にはまだまだすごい奇跡や知らない魔法や尊いご縁がいっぱいあるのだと信じて疑っていないのも、ほんとうのことなのです。

f:id:shiz1:20190408210158j:plain

ラッキークローバーひろがる

 みどりのゆび、確か植物でいくさをとめた…「チトは天使でした」というおしまいの一節を忘れることが出来ません。

f:id:shiz1:20190409002052j:plain

天使ですね。

 もう少し落ち着いたら、何十年ぶりにか、絶対にまた読み返してみたい本の一つですね。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング