ちっちゃい庭とおっきい空と。

植物と手抜き園芸の四方山(よもやな)話と、あともう少しいろいろと…。

レモン…摘蕾しようとしたら

 今朝は久し振りに涼しい朝となりました。

十年以上前からいる白いアマリリス、鉢を外に出してからは毎年、立派な花を咲かせてくれます。せっかくなので玄関近くに移動しました。

f:id:shiz1:20190518131421j:plain

アマリリス咲く

 2日ほど不在にしていただけなのに、イチゴは熟れすぎになり、たっぷり水撒きをしていったのに、パリパリ気味になったサフィニアの鉢もありました。

 でも、一番びっくりしたのは、昨晩移動中に、ネットで少しだけ学んで、レモンの蕾や花を思い切って摘蕾・摘花しようとしたら、、、既にほとんど無くなっていたことですね。

 しかも、残っているものも今にも落ちそうなものばかりです。

f:id:shiz1:20190518130653j:plain

わずかに残っているもの

f:id:shiz1:20190518130829j:plain

こちらも勢いなし

f:id:shiz1:20190518131107j:plain

落ちてます

またも調べてみると、花や蕾が落ちる原因は、

  • 低温が原因の「不完全花」である
  • まだ幼木で結実する力がない

等々とありました。

 そうして、植え付けから5~6年以上経つまでは幼木であること。年間の平均気温が15~16℃以上で、さらに冬期の気温が-3℃以下にならないことが必要で、冬期の寒さ対策が必要なこと等、調べれば調べるほど、これまで放置し続けていたので、実を結ばないのは仕方がないことかもしれませんね。

 そして、そして残っている花を確認しましたが、あらあら、めしべがないっぞぉ。

f:id:shiz1:20190518145552j:plain

不完全花みたい

f:id:shiz1:20190518145810j:plain

これもか!?

 すこし悲しいですが、これが現実というもの…ほんとうは、鉢植えに変える大プロジェクトもずっと前から目論んでいるので、今年、実をつけるかどうかは運を天にまかせて、見守りつづけることといたしましょう。

 ひさびさに室内編です!!

f:id:shiz1:20190518150302j:plain

胡蝶蘭咲く

 長い月日をかけて蕾が膨らみ、やっとやっと胡蝶蘭が一輪咲きました。

f:id:shiz1:20190518150506j:plain

こちらも花芽がのびてきた

 昨年咲いたこの鉢は、今年も花芽がのびてきました。

 午後からは久し振りにお湿り程度ですが雨模様となりました。

梅の花は、戦略的に不完全花を咲かせると聞きました。完全花も不完全花も両方あるべきもので、レモンの木も場所なのか、寒さ対策なのか、教えてくれているのかもしれませんね。 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング